阪急電鉄

車両装飾

 阪急でもイベントなどのPRのために,おもに先頭車両を装飾して走らせることがあります。 ここでは,最近のものを中心に,阪急で装飾された車両をご紹介します。

宝塚線観光スポットラッピング列車
手塚治虫氏が描いた宝塚線観光スポットのイラストでラッピング
神戸線観光スポットラッピング列車
わたせせいぞう氏が描いた神戸線観光スポットのイラストでラッピング
京都名所旧跡ラッピング列車
京都の名所旧跡を散りばめたラッピング列車
宝塚歌劇トレイン
宝塚歌劇100周年記念ラッピング列車
京とれいん
「和」と「モダン」をコンセプトに京都の町屋をイメージした内装に改造した6300系行楽用車両
未来のあかり号
オールLED車内照明車両の営業運用開始時のデコレーション
阪急電鉄100年ミュージアム号
阪急電鉄開業100周年記念デコレーション
新駅開業
新駅開業をPRするデコレーション
エコトレイン 未来のゆめ・まち号
環境をテーマにした「エコトレイン 未来のゆめ・まち号」のデコレーション
桜花賞(GI)
今津線仁川駅前の阪神競馬場で開催される「桜花賞」レースのPRデコレーション
もみじ
紅葉シーズンのもみじデコレーション
クリスマス
クリスマスデコレーション

2006/03/11 開設
阪急   神戸鉄道資料館