阪急の車両装飾

京都名所旧跡ラッピング

 阪急電鉄では四季を通じた京都への観光促進のため,2015年1月から2016年3月まで,京都の名所旧跡をあしらったラッピング列車を京都線で走らせています。

 ラッピングされているのは8332×2+8313×6の8連で,1・3・6・8両目に京都の各地域の名所旧跡があしらわれたラッピングが施されています。 車両編成と各車両のラッピングテーマは次のとおりです。

 梅田← 8332(洛西) - 8452 + 8313(嵐山・嵯峨野) - 8863 - 8963 - 8883(洛中) - 8813 - 8413(洛東) →河原町

 2015年1月17日から2月22日までの土・日・祝日は梅田方2連を切り放して8313を梅田方先頭とする河原町方6連で,検査整備中の京とれいん6354×6Rの代走として快速特急で運転, それ以外は梅田方2連を連結した所定の8連で一般運用されます。

京都名所旧跡ラッピング 8313×6R(京とれいん代走)
京都名所旧跡ラッピング 8313×6R 京都名所旧跡ラッピング 8313×6R

京都名所旧跡ラッピング 8332×2R+8313×6R(通常運用)
京都名所旧跡ラッピング 8332×2R+8313×6R 京都名所旧跡ラッピング 8332×2R+8313×6R

 当初はラッピングのみですが,1月17日から2月10日に列車の愛称とそのヘッドマークが一般公募され,選定されたヘッドマークが3月中旬から掲出される予定です。

2015/02/08 記,2015/03/01 画像追加

京都名所旧跡ラッピング「古都」

京都名所旧跡ラッピング 8313×6R ヘッドマーク  2015年1月から走っていた京都名所旧跡ラッピング列車の愛称とヘッドマークデザインが一般公募で出品された中から「古都」と決まり, それまでラッピングがなかった2・4・5・7両目に愛称「古都」のラッピングが追加されるとともに,両先頭にヘッドマークを掲出して3月28日から運用されています。

 2015年3月28日から5月6日までの土・日・祝日は梅田方2連を切り放して8313を梅田方先頭とする河原町方6連で,梅田〜嵐山の快速特急を含む臨時列車運用に就き, それ以外は梅田方2連を連結した所定の8連で一般運用されます。

京都名所旧跡ラッピング「古都」8313×6R(嵐山臨時)
京都名所旧跡ラッピング 8313×6R 京都名所旧跡ラッピング 8413×6

2015/04/22 記

2015/02/08 開設
車両装飾   阪急   神戸鉄道資料館