阪急の車両装飾

宝塚歌劇100周年

 宝塚歌劇が2014年に100周年を迎えるのを記念して,「宝塚歌劇トレイン」を2014年3月21日から同年12月24日まで走らせています。

 「宝塚歌劇トレイン」は,宝塚歌劇の舞台を象徴する大階段でのダンスシーンをイメージしたラッピング列車で,車内にもこれまでの公演写真・公演ポスターなどが掲出されており, 「タカラヅカ」一色となっています。

 おもに宝塚線(梅田〜宝塚)で運用される9009×8Rと今津線(西宮北口〜宝塚)で運用される7001×6Rがラッピングされており,初日には宝塚駅で両編成を並べて出発式が行われました。

「宝塚歌劇トレイン」7001×6R 「宝塚歌劇トレイン」9009×8R

2014/04/01 開設,2014/05/31 更新
車両装飾   阪急   神戸鉄道資料館