阪急のヘッドマーク

西国七福神めぐり

 阪急電鉄では毎冬年末から1月末頃にかけて「西国七福神めぐり」ヘッドマークが掲出されています。

2017年正月〜

2017年正月

 2017年の正月の「西国七福神めぐり」ヘッドマークは6年ぶりにデザインが一新され,2016年12月26日から2017年1月31日まで, 宝塚線の4編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は宝塚線8004×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する8004×8R 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2015/12/31 記

2011年正月〜2016年正月

2016年正月

 2016年の正月も2011年からと同じヘッドマークで,2015年12月25日から2016年1月31日まで,宝塚線の4編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は宝塚線8006×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する8006×8R 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2015/12/31 記

2015年正月

 2015年の正月も2011年からと同じヘッドマークで,2014年12月25日から2015年1月31日まで,宝塚線の4編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は神戸線7007×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する7007×8R
2014/12/31 記

2014年正月

 2014年の正月も2011年と同じヘッドマークで,2013年12月25日から2014年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は宝塚線7015×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する7015×8R
2013/12/31 記

2013年正月

 2013年の正月も2011年と同じヘッドマークで,2012年12月26日から2013年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は宝塚線5104×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する5104×8R
2012/12/30 記

2012年正月

 2012年の正月は2011年と同じヘッドマークで,2011年12月22日から2012年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は宝塚線9001×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する9001×8R 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2011/12/30 記

2011年正月

 2011年正月バージョンは,ヘッドマークのデザインが大幅に変更され,2010年12月22日から2011年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されました。 (写真は神戸線9000×8R)

「西国七福神めぐり」2011年版ヘッドマークが取り付けられた9000×8R(2011年正月) 「西国七福神めぐり」2011年版ヘッドマーク
2010/12/30 記

2008年正月〜2010年正月

2010年正月

 2010年の正月も2008年と同じヘッドマークで,2009年12月26日から2010年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されました。 (写真は宝塚線6001×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する6001F 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2009/12/29追記

2009年正月

 2009年は2008年と同じヘッドマークで,2008年12月26日から2009年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されました。 (写真は神戸線5000×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する5000x8R 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2008/12/28追記

2008年正月

 2008年正月バージョンは,ヘッドマークのデザインが僅かに変更され,2007年12月26日から2008年1月31日まで,宝塚線の6編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されました。 (写真は宝塚線3060×8R)

「西国七福神めぐり」2008年版ヘッドマークを掲出する3060×8R 「西国七福神めぐり」2008年版ヘッドマーク
2007/12/30追加

2007年正月まで

 年によっては支線用車両にも掲出され,非字幕車では行先表示板との2枚看板が見られたこともあります。 (写真は2003年正月の箕面線3158×4R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークが取り付けられた3158×4R(2003年正月) 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2006/01/14追加

2006/01/14 新設
ヘッドマーク   阪急   神戸鉄道資料館