阪急のヘッドマーク

神戸市内高架延長線開通80周年

 阪急神戸線の神戸方終点が1936年4月1日に上筒井から三宮まで高架線で延伸されて80周年となる2016年春, 神戸市内高架延長線開通80周年のヘッドマークが,4月1日から10月31日まで,神戸線の5000×8R,7007×8R,8003×8R,9000×8R,1000×8Rの5編成に掲出されています。

神戸市内高架延長線開通80周年ヘッドマーク 神戸市内高架延長線開通80周年ヘッドマーク

 ヘッドマークは大阪方と神戸方で異なるものが掲出されており, 大阪方のヘッドマークは,阪神・淡路大震災で被災して解体された三宮駅神戸阪急ビルのアーチから920系が出てくる光景が描かれています。

5000×8R
神戸市内高架延長線開通80周年ヘッドマークを掲出する5000系 神戸市内高架延長線開通80周年ヘッドマークを掲出する5000系

7007×8R
神戸市内高架延長線開通80周年ヘッドマークを掲出する7000系 神戸市内高架延長線開通80周年ヘッドマークを掲出する7000系

2016/04/14 記

2016/04/14 新設
ヘッドマーク   阪急   神戸鉄道資料館