阪急のヘッドマーク

阪急京都線・大阪市営地下鉄堺筋線 相互直通40周年

 阪急京都線(京都本線・千里線)と大阪市営地下鉄堺筋線が相互直通運転を開始して40周年を2009年12月6日に迎えるのを記念して, 2009年11月27日から12月25日まで,阪急京都線の3300系と5300系の計5編成にヘッドマークが,大阪市交通局66系の一部編成にステッカーが掲出されています。 (写真は阪急3328×8Rと大阪市交66606×8R)

「相互直通40周年記念」ヘッドマークを掲出する阪急3328×8R 「相互直通40周年記念」ヘッドマーク
「相互直通40周年記念」ステッカーを掲出する大阪市交66606×8R 「相互直通40周年記念」ステッカー

 また,相互直通40周年記念事業の一環として,2009年12月5日・6日に堺筋線天下茶屋〜阪急嵐山を大阪市交66系66601Fにより臨時直通列車が運行されました。 66系が阪急嵐山線に乗入れるのは初めてで(正確には12月3日の試運転が初入線),嵐山線内の有効長の関係で66601Fが6両編成に短縮されて運行されました。 なお,66系は初期の車両は6両編成で登場し,後年に8両化されています。

2009/12/06 記

2009/12/06 新設
ヘッドマーク   阪急   神戸鉄道資料館