2001年2月 ダイヤ一部変更

谷上4番線 廃止

 従来の谷上駅は,神鉄が島式2面4線で上下線とも退避が可能な配線,北神急行も島式1面2線となっており, 両者は完全に独立していて乗り換え時にはいったん1階に降りて改札を通る必要があった。
 今回,神鉄4番線を廃止して上りホームを北神急行5番線まで広げ,神鉄3番線〜北神5番線を同一ホームにて乗換えが可能なように改造することとなった。 2001年2月24日から改造工事が行われるため4番線が使用できなくなり, 朝ラッシュ時に行われていた普通準急特快速退避ができなくなるため,この部分のダイヤが変更された。
 ダイヤの変更は,普通準急各1本の一部区間を 繰り下げて谷上での特快速退避を有馬口に変更しただけであるが, 1991年3月から行われてきた谷上での退避が消滅することとなった。

ダイヤパターン(代表的なパターンであり,異なるパターンの場合もあります。)
時間帯 有馬・三田・公園都市線 粟生線
朝ラッシュ
上り
16分ヘッド
特快速三田→新開地1本 急行粟生→新開地1本
普通岡場→新開地1本 準急志染→新開地1本
普通有馬温泉→新開地1本 普通押部谷→新開地1本
普通ウッディタウン中央−三田1本
昼間
上下
30分ヘッド
準急新開地−三田
有馬温泉接続
2本 準急新開地−志染乗換−粟生1本
普通ウッディタウン中央−三田2本 普通新開地−三木1本
夕ラッシュ
下り
30分ヘッド
急行新開地→三田1本 急行新開地→粟生1本
準急新開地→三田
有馬温泉行接続
1本 準急新開地→粟生1本
普通新開地→有馬温泉2本 普通新開地→志染1本
普通ウッディタウン中央−三田2本 普通新開地→西鈴蘭台1本
備考
有馬温泉行接続:有馬口で有馬口発有馬温泉行に接続
新開地→志染乗換→粟生:新開地発志染行(5両 or 4両)が志染発粟生行(3両)に接続
5両運転可能:新開地〜志染 4両運転可能:鈴蘭台〜有馬温泉・三田 志染−粟生は3両
朝の粟生発は志染で2両増結して5両に
夕の粟生行は5両から志染で2両解放
昼間ダイヤパターン ラッシュ時ダイヤパターン 列車種別と停車駅
2001年3月9日調査時の編成
←新開地
4両固定運用
cM2 M1 M2 M1c
+5002--5101--5102--5001+
+5004--5103--5104--5003+
+5006--5105--5106--5005+
+5008--5107--5108--5007+
+5010--5109--5110--5009+
+5012--5111--5112--5011+
+5014--5113--5114--5013+
+5016--5115--5116--5015+
+5018--5117--5118--5017+
+5020--5119--5120--5019+
cM T M Mc
+2008--2204--2104--2007+
+2010--2205--2105--2009+
cM2 M1 M2 M1c
+3002--3101--3102--3001+
+3004--3103--3104--3003+
+3006--3105--3106--3005+
+3008--3107--3108--3007+
+3010--3109--3110--3009+
+3012--3111--3112--3011+
+3014--3113--3114--3013+
+3016--3115--3116--3015+
+3018--3117--3118--3017+
cM T M Mc
+1116--1208--1125--1115+
cM M T Mc
+1120--1126--1210--1119+
cM2 M1c cM2 M1c
+1356--1355++1354--1353*
22編成使用
特快速快速は5000系限定運用
←新開地
5両

連解運用

固定運用
cM2 M1c cM2 M1c cMc
+1360--1359**1358--1357++1076+
cM2 M1c cM T Mc
+1362--1361**1108--1204--1107+
cM2 M1c cM T Mc
+1352--1351**1124--1212--1123+
cM2 M1c cM T Mc
+1372--1371**1110--1205--1109+
+1374--1373**1118--1209--1117+
cM2 M1c cM T Mc
+1310--1309**1114--1207--1113+
cMe cMc cM T Mc
+1062--1072**1112--1206--1111+
cMe cMc cM T Mc
+1060--1071**1122--1211--1121+
連解運用・・・6編成
  • 朝ラッシュ粟生線志染で2両増結
  • 昼間は入庫または増結2両を車庫で開放して3両で運用
  • 夕ラッシュ前から5両になり,夕ラッシュ粟生線志染で2両解放
  • 検査等による編成替え以外は同じペアを組むダイヤ・運用になっている
固定運用・・・2編成
  • 朝夕ラッシュは5両
  • 他の時間帯は5両または増結2両を車庫で解放して3両で運用
←新開地
3両固定運用
cM T Mc
+1154--1252--1153+
+1502--1601--1501+
+1504--1602--1503+
cM T Mc
+1102--1201--1101+
+1106--1203--1105+
cM T Mc
+1104--1202--1103+
三田→
公園都市線運用
cM T Mc
+2002--2201--2001+
+2004--2202--2003+
+2006--2203--2005+
検査時等は1500系を使用
←新開地
予備・入場中
cMc cMc
+1074++1075+
cMe cMc
+1064--1073*
cM2 M1c
+1376--1375*
cM T Mc
*1152--1251--1151+
他に,上記の各運用から余った編成が予備・入場となる
+先頭部密着自動連結器
0000非冷房車 *電気連結器付密着連結器
0000冷房車 -密着自動連結器または半永久連結器

車両とダイヤの歴史    神戸電鉄    神戸鉄道資料館