神鉄のヘッドマーク

 神鉄でも様々なPRをするため,ヘッドマークが掲出されます。こちらでは神鉄で掲出されたヘッドマークをご紹介します。

七夕列車

七夕列車車内  粟生線活性化の一環として2010年・2011年・2016年に七夕列車を走らせています。 この編成の車内は,沿線の保育所・幼稚園の子供たちの願い事が書かれた短冊と七夕飾りで装飾されており,両先頭にはヘッドマークが掲出されています。 また,粟生線の主要駅には七夕の笹飾りを置いて七夕の雰囲気を醸し出しています。

2010/07/04 記,2016/06/30 最終更新

2010年

 2010年は7月3日から19日まで,6000系第1編成6002Fを七夕列車として走らせています。

七夕列車6002F 七夕列車ヘッドマーク
2010/07/04 記

2011年

 2011年は7月5日から18日まで,粟生線活性化キャラクターのしんちゃんが乗った6000系第2編成6004Fを七夕列車として走らせています。

七夕列車6004F 七夕列車ヘッドマーク
2011/07/18 記

2014年

 神鉄で3年ぶりに七夕列車のヘッドマークを掲出した列車が2014年7月6日に走りました。

 これは,粟生線活性化の「粟生線乗ろうDAY!」プログラムの一環として, 粟生線沿線の子供とその家族を対象として企画された「貸切列車と貸切バスで行く!親子の旅」に6000系6004F「しんちゃん&てつくんミュージアム」編成が使用され, 七夕列車のヘッドマークが掲出されたものです。 粟生線活性化キャラクターのしんちゃんも添乗しています。

七夕列車6004F

 貸切列車は小野から新開地まで,ツアーの往路のみの乗車で,車内ではしんちゃんとの写真撮影や三木市ボランティア団体による人形劇観覧, 新開地到着後は貸切バスで神戸市立青少年科学館に行き,プラネタリウムなどを観賞した後,貸切バスで西鈴蘭台に向かって解散となったようです。

2014/07/06 記

2016年

 2016年の夏,神鉄で七夕列車が一般営業列車として5年ぶりに走りました。 この年,HAPPY TRAIN☆5002Fが初めて「七夕列車」ヘッドマークを掲出,車内は沿線幼稚園児の願いが託された短冊などで装飾されています。 6月24日から7月8日まで有馬・三田・粟生線を走ります。

ハッピートレイン七夕列車5002F
2016/06/30 記

ヘッドマーク    特集    神戸電鉄    神戸鉄道資料館