鉄道摘記録 2019年1月

鉄道の動きについて,さまざまな情報源から得られた情報を独断と偏見で選んで雑録します。

2019年1月19日〜2月28日

阪急 「8000系車両誕生30周年」記念列車ヘッドマーク

 阪急電鉄の8000系は1989年1月1日に営業運転を開始,2019年にデビューから30周年を迎えました。 これを記念して,2019年1月19日から4月16日まで,第1編成(神戸線8000×8R)をデビュー当時のスタイルに復元した記念列車として運行しています。 復元したのは,前面窓下飾り帯,Hマーク,旧社章で,ステッカーにて表現しています。

 また,1月19日から2月28日まではヘッドマークも掲出されています。

阪急8000系車両誕生30周年ヘッドマークを掲出する記念列車8000×8(8000号車側) 阪急8000系車両誕生30周年ヘッドマーク(8000号車側)
阪急8000系車両誕生30周年ヘッドマークを掲出する記念列車8000×8(8100号車側) 阪急8000系車両誕生30周年ヘッドマーク(8100号車側)

 3月1日から4月16日まではヘッドマークが無いデビュー当時に近い姿で運行される予定です。

2019/02/02 記

2019年1月7日〜25日

阪急 「阪急京都線 2019 ダイヤ改正」ヘッドマーク

 2019年1月19日(土)に阪急京都線関連のダイヤ改正が行われました。 これを告知するヘッドマークが京都線の10編成に,2019年1月7日から1月25日まで掲出されています。 (写真は京都線3323×8R)

阪急京都線ダイヤ改正ヘッドマークを掲出している3323×8R 「阪急京都線ダイヤ改正」ヘッドマーク
2019/01/19 記

2018年12月26日〜

阪急 「初詣」・「西国七福神めぐり」ヘッドマーク

 阪急電鉄では毎冬年末年始の期間中,一部の編成に「初詣」と「西国七福神めぐり」のヘッドマークが掲出されています。

 2019年正月は干支の亥(いのしし)にちなんで猪の土鈴に松・竹・梅をあしらったデザインの「初詣」ヘッドマークが, 2018年12月26日から2019年1月7日まで各線4編成ずつの計12編成に掲出されています。 (写真は神戸線7012×8R)

2019年「初詣」ヘッドマークを掲出する7012×8R 2019年「初詣」ヘッドマーク
2019/01/01 記

 2019年の正月の「西国七福神めぐり」ヘッドマークは2017年から同じヘッドマークで,2018年12月26日から2019年1月31日まで, 宝塚線の4編成,神戸線と京都線の各2編成に掲出されています。 (写真は神戸線7010×8R)

「西国七福神めぐり」ヘッドマークを掲出する7010×8R 「西国七福神めぐり」ヘッドマーク
2019/01/12 記

2019年   鉄道摘記録   神戸鉄道資料館