鉄道摘記録 2019年3月

鉄道の動きについて,さまざまな情報源から得られた情報を独断と偏見で選んで雑録します。

2019年3月29日〜

神戸電鉄 6500系第6編成6512F営業運用開始

 2016年から新造されている6500系の増備が進められています。

 6500系第6編成6512Fが2019年2月12日から14日にかけて川重兵庫工場から搬入され,試運転等を経て2019年3月29日頃から営業運用に就いています。

cM T Mc
+6512--6606--6511+
2019/04/22 記

2019年3月26日〜5月6日の一部

阪急 各線直通臨時列車運転

 2019年1月19日に京都線のダイヤが変更されました。 休日ダイヤでは梅田〜河原町の快速特急が増発され,新たに「京とれいん雅洛」7006×6Rが2019年3月23日から運行されています。

 春の行楽シーズン臨時ダイヤも変更され,嵐山直通臨時列車は休日の高速神戸・宝塚・天下茶屋・河原町の各駅と嵐山を直通する列車が消滅し, 梅田〜嵐山の「さがの」のみ3往復となりました。

 嵐山直通臨時列車に掲出される愛称ヘッドマークも,2019年春からデザインが変更された「さがの」のみとなりました。 昼間の間合い運用で桂〜嵐山の普通で運転される際もヘッドマークを掲出したままです。

「さがの」梅田〜嵐山
「さがの」7321×6R 2019年春の「さがの」ヘッドマーク

 2019年春は3月30日から4月7日の桜のシーズンと4月27日から5月6日までのゴールデンウィーク10連休に,下記の列車が運行されました。

種別 経路 乗降扱い停車駅 運行本数 愛称HM 車両
快速特急 梅田 京都線〜嵐山線 嵐山 梅田・十三・淡路・桂と嵐山線各駅 3往復 さがの 7300系または8300系6連3編成

 なお,嵐山線内折り返し普通列車は,早朝・夜間を除いて通常の6300系4連とは異なる8300系6連2編成が運用され, 7300系または8300系の6連は計5運用となり,2018年までより1運用増えています。

 また,2019年春は桜のシーズンの3月26日から4月4日の平日(火曜日〜木曜日)に,下記の列車が運行されました。

種別 経路 乗降扱い停車駅 運行本数 愛称HM 車両
直通特急 西宮北口 神戸線〜京都線〜嵐山線 嵐山 西宮北口〜十三は快速急行と同じ,京都線は快速特急と同じ,嵐山線は各駅 1往復 京とれいん雅洛 7006×6R「京とれいん雅洛」編成
2019/05/12 記

2019年3月23日〜

阪急 「京とれいん 雅洛」デビュー

神戸線を走る「京とれいん 雅洛」7006×6R
7006×6R 京とれいん 雅洛

 京都線では土・休日昼間に概ね2時間に1往復の快速特急が6300系6354×6R「京とれいん」により梅田〜河原町で運転されていましたが, 2019年1月19日の京都線ダイヤ改正で概ね毎時1往復に増発されました。

 これに対応するため,2編成目の観光特急車両として7000系7006×6Rが「京とれいん 雅洛」に改造され,2019年3月23日にデビューしました。

 「京とれいん 雅洛」は,「ご乗車されたときから京都気分」をコンセプトに,各車両ごとに異なる季節が感じられる装いで, 車両によっては坪庭まで設けられて京都を感じられる列車となっています。

 行楽シーズンの平日には京都線経由で神戸線と嵐山線とを結ぶ臨時列車にも運用され, 2019年春は3月26日から4月4日までの火・水・木曜日に,西宮北口〜嵐山を直通特急として運行しています。

2019/03/30 記

2019年3月23日〜4月3日

阪神・山陽 直通特急・特急 「センバツ」副標

 2019年春も阪神甲子園球場で選抜高校野球大会が開催されている間,阪神・山陽直通特急と特急に「センバツ」副標が掲出されています。

 2019年の山陽5016Fには,さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークと共に掲出されています。

「センバツ」副標を掲出している山陽直通特急
2019/04/14 記

2019年3月22日〜31日

阪急 「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマーク

 阪急今津線仁川駅を最寄り駅とする阪神競馬場で開催される大阪杯が2017年にGIレースに昇格し, このレースの開催をPRするヘッドマークがレース開催日の少し前から掲出されるようになりました。

 GIレースとして3年目の2019年大阪杯では,3月22日からレース当日の3月31日まで 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(7019×8R・5001×6R・5008×6R・5012×6R)に掲出されています。 (写真は神戸線7019×8R・今津線5001×6R)

「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する7019×8R 「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマーク
「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する5001×8R
2019/03/24 記

2019年3月21日〜4月9日

山陽 さくらとおでかけ山陽電車号

 山陽電鉄と人気アニメ「カードキャプターさくらクリアカード編」とがコラボレーションしたスペシャル企画「さくらとおでかけ山陽電車」が 2018年8月15日から10月8日まで開催され, その一環として,山陽5000系6連1編成(5008F)の車内・車外が装飾された「さくらとおでかけ山陽電車号」が,主に直通特急で山陽姫路〜阪神梅田を2018年10月12日まで走りました。

 2019年3月21日から4月9日まで,さくらちゃんの誕生日を記念して期間限定で5016Fにヘッドマークが再掲出されました。

さくらとおでかけ山陽電車号
ヘッドマーク 梅田側5016号:さくらちゃん 姫路側5608号:小狼くん
さくらとおでかけ山陽電車号5016×6後期ヘッドマーク さくらとおでかけ山陽電車号5608×6後期ヘッドマーク
2019/04/14 記

2019年3月16日〜4月7日

阪急 「さくら」ヘッドマーク

 沿線に桜の名所が多数ある阪急では,毎年桜のシーズンに一部の編成に「さくら」ヘッドマークが掲出されています。

 2019年は前年と同じ「さくら」ヘッドマークが,2019年3月16日〜4月7日に各本線系車両4編成ずつ計12編成に掲出されました。

神戸線1011×8R
「さくら」ヘッドマークを掲出している1011×8R 「さくら」ヘッドマーク(2019年)
2019/04/07 記

2019年3月15日〜4月15日

北神急行 「北神弓子&桜」ヘッドマーク

 北神急行30周年の終わりから31周年の始まりとなる2019年3月15日から4月15日まで, 北神急行7000系全編成の両先頭車に北神急行電鉄公式マスコットキャラクター北神弓子と桜のヘッドマークが掲出されています。

北神弓子&桜ヘッドマークを掲出している北神急行7000系 北神弓子&桜ヘッドマーク
2019/04/10 記

2019年3月1日〜4月16日

阪急 「8000系車両誕生30周年」記念列車(ヘッドマークなし)

 阪急電鉄の8000系は1989年1月1日に営業運転を開始,2019年にデビューから30周年を迎えました。 これを記念して,2019年1月19日から4月16日まで,第1編成(神戸線8000×8R)をデビュー当時のスタイルに復元した記念列車として運行しています。 復元したのは,前面窓下飾り帯,Hマーク,旧社章で,ステッカーにて表現しています。

 1月19日から2月28日まではヘッドマークも掲出されていましたが,3月1日から4月16日まではヘッドマークが無いデビュー当時に近い姿で運行されました。

阪急8000系車両誕生30周年記念飾り帯復刻列車8000×8
2019/04/19 記

2019年3月1日〜31日

阪急「阪急西宮ガーデンズリニューアル」ヘッドマーク

 阪急電鉄西宮北口駅の近くにあり,阪急グループ会社が経営する商業施設「阪急西宮ガーデンズ」が,開業10周年を機に2019年3月に順次リニューアルオープンします。 これをPRするヘッドマークが2019年3月1日から3月31日頃まで,神戸線と今津線を走る一部の車両に掲出されました。 (1010×8R・9006×8R・7014×8R・5002×6R・5004×6R)

「阪急西宮ガーデンズリニューアル」ヘッドマークを掲出する1010×8R 「阪急西宮ガーデンズリニューアル」ヘッドマーク
2019/03/27 記・2019/04/07 追記

2019年   鉄道摘記録   神戸鉄道資料館