北神急行7000系

概要

北神急行7000系  北神急行7000系は1988年の開業と同時に神戸市営地下鉄西神・山手線と相互直通運転を行っている車両で,次のような特徴を持っている。

19m級アルミ車体
 クリーム色をベースに窓周囲をブラウン系ベージュで塗装されたアルミ車体である。
 側窓は1枚下降式で,日除けはアルミプレス構造のよろい戸(阪急タイプ)。
 両開き扉が片側3ヶ所,扉開閉予告ブザーを設置。
 前面は当時流行の非対称窓配置と角型ヘッドライトが採用された。
VVVF制御(1C4M)
 GTO素子による可変電圧可変周波数(VVVF)インバータ制御で,回生ブレーキ対応とあわせて省エネルギー化に貢献。
 郊外区間での連続急勾配に備えて,抑速ブレーキにも対応。
ATC/ATO装置
 ATC(自動列車制御装置)は,高周波連続誘導受信により車内信号機で信号を表示,連続速度照査により速度超過時には制限速度以下に自動的にブレーキが動作。
 ATO(自動列車運転装置)は,運転台で出発押しボタンを押すことにより,起動〜定速運転〜駅定位置停車まで自動で制御装置およびブレーキ装置を制御。
冷房装置
 集約分散型で,各車に大型2台の冷房装置が搭載されている。
 ラインフローファンも搭載されている。
運転台
 デスクタイプの運転台で,2ハンドルながら横軸前後操作式のマスコンおよびブレーキハンドル。

 2004年から車両間転落防止幌が順次設置されている。

 クーラーは,FRP製のキセを被せたタイプであったが,2014年9月に7055Fがステンレスカバーの新しいタイプに更新され, 他編成も定期検査入場時に順次,新タイプに更新されていくようである。

 2015年度から順次,SiC素子によるVVVF制御装置,全閉型主電動機,IGBT素子によるSIV装置への更新が行われ,形式が7000A系に変更されている。


編成

 1988年に5連が4編成が竣工し,1989年から1990年にかけて中間車を新造して6連化されただけで,以降は増備されてない。

7000系編成表 (←西神中央−−−新神戸−谷上→)
7050 7500 7600 7550 7510 7150
Tc1M1M2T1M3Tc2
SIVVVVF
1C4M
CP
VVVF
1C4M
 
VVVF
1C4M
CP
SIV 竣工
(7550以外)
竣工(7550)
6連化
クーラー更新7000A系化
705175017601755175117151 1988年3月1989年11月2016年1月2016年1月
705275027602755275127152 1988年3月1989年11月2015年6月
705375037603755375137153 1988年3月1990年5月2016年12月
705475047604755475147154 1988年3月1990年5月
705575057605755575157155 1988年3月1989年12月2014年9月

 6連化の過程で,一時7604号車を電装解除して暫定的にT車の代用として7053Fに組み込まれて6連4編成体制で運用されていた。(1989年11月〜1990年5月)

7000系編成表(暫定6連化時) (←西神中央−−−新神戸−谷上→)
7050 7500 7600 7550 7510 7150
Tc1M1M2T1M3Tc2
SIVVVVF
1C4M
CP
VVVF
1C4M
 
VVVF
1C4M
CP
SIV
705175017601755175117151
705275027602755275127152
705575057605755575157155
7050 7500 7600 7600 7510 7150
Tc1M1M2M2M3Tc2
SIVVVVF
1C4M
CP
VVVF
1C4M
 
代用TVVVF
1C4M
CP
SIV
705375037603760475137153
7050 7500 7510 7150
Tc1M1M3Tc2
SIVVVVF
1C4M
CP
VVVF
1C4M
CP
SIV
7054750475147154

2004/02/29 作成,2016/12/25 最終更新

車両ガイド    神戸市営地下鉄 北神急行    神戸鉄道資料館