神戸市交1000系

概要

西神・山手線1000系  神戸市交通局1000系は西神・山手線用の車両で,今となっては珍しくなくなったものの登場した1976年頃の地下鉄としては画期的な点が多く, ローレル賞を受賞した。その1000系は次のような特徴を持っている。

19m級アルミ車体
 神戸市電のイメージを引き継ぎ,神戸市営地下鉄のイメージカラーであるグリーンの濃淡2色で塗装されたアルミ車体である。
 車番の表記は神戸市電の伝統を引き継ぐ字体。
 側窓は1枚下降式で,日除けはアルミプレス構造のよろい戸(阪急タイプ)。
 両開き扉が片側3ヶ所,扉開閉予告ブザーを設置。
電機子チョッパ制御(1C8M)
 サイリスタ素子による自動可変界磁形(AVF)電機子チョッパ制御で,回生ブレーキ対応とあわせて省エネルギー化に貢献。
 郊外区間での連続急勾配に備えて,抑速ブレーキにも対応。
ATC/ATO装置
 ATC(自動列車制御装置)は,高周波連続誘導受信により車内信号機で信号を表示,連続速度照査により速度超過時には制限速度以下に自動的にブレーキが動作。
 ATO(自動列車運転装置)は,運転台で出発押しボタンを押すことにより,起動〜定速運転〜駅定位置停車まで制御装置およびブレーキ装置を自動制御。
冷房車
 1000系が登場した当時の地下鉄としては珍しく冷房装置が設置された。
 集約分散型で,初期車〜1985年に製造された車両は各車に3台,1987年以降に製造された車両は各車に大型2台の冷房装置が搭載されている。
 冷房装置が2台タイプの車両には,ラインフローファンも設置されている。
運転台
 デスクタイプの運転台で,2ハンドルながら横軸前後操作式のマスコンおよびブレーキハンドル。

 1993年7月の快速運転開始に先立って,前面上部両端(前面窓内側)に種別表示灯を設置する改造が行われている。 快速として運転されている時に点灯していた。(1995年1月から快速は運転されてない。)

 1997年度から2003年度まで,初期車から毎年度1編成ずつ,3000系と同タイプのVVVF制御に改造, および,客室内装改良(床敷物の柄デザイン変更,座席を3000系タイプに変更,扉付近に吊手増設,座席端部の仕切にポール追加など)が施工されている。 なお,VVVF化改造車の車番は変更されていないが形式は1000-01形となっている。

 2004年度からはVVVF制御への改造がIGBT方式に変更され,形式は1000-02形となっている。

 2012年度には1000系全編成のVVVF制御化が完了した。

 2002年から車両間転落防止幌が順次設置されている。また,2003年3月からVVVF車以外にも座席が3000系タイプのものに変更された。

 2011年から1116F以降の補助電源が順次MGからSIVに取り替えられている。 1116Fと1118Fは制御装置のVVVF化と同時にSIV化されたが,1117FはVVVF化の前にSIV化のみ先に施工されており,短期間のみチョッパ制御+SIVの組み合わせが見られた。

編成

 1000系は長期にわたって増備されている。増備の過程でのおもな変化をあげると・・・

編成両数
 1976年〜1981年に新造されたときは4両編成。
 1983年の大倉山延伸用からは5両編成で新造。既存編成も中間T車を増結して5両編成化。
 1989年に全編成に中間T車を増結して6両編成化。
側面行先表示器の設置
 1101F〜1106F各編成内のM車4両には側面の行先表示器が設置されていなかった。 1993年7月の快速運転開始に先立って,これらの車両にも設置改造工事が行われた。
 その他の車両には,既存編成の中間への増結車両を含めて,新造時から設置されている。
1987年西神中央延伸時の増備車からの仕様変更
 1116F〜1118Fおよび1400型全車は,それまでに新造された車両に比べて仕様の変化が大きい。おもな変更点は次のとおり。
前面にステップ設置
編成単位での最終増備編成では前面下部にステップが設置され,ほんの少しだけ外観雰囲気が変わった。
冷房装置の変更
冷房装置が大型の2台タイプになっている。1000系で外観上最も大きな変化である。 また,ラインフローファンも搭載されるとともに冷房吹き出し口も連続スリットに変更され,天井の見付が大きく変わった。
乗務員室仕切りに窓を設置
乗務員室と客室の仕切り部分に設置されていたATC/ATO装置が小形化されたことにより,仕切りの車掌側に窓が設置された。 ただし,郊外の地上部でもトンネルが点在するので先頭側ではカーテンが開けられない。そのため前面展望は臨めず,後ろの展望のみである。
1000系初期タイプと最終タイプの見比べてみると・・・
(屋根上冷房装置と前面下部のステップ有無に注目!
1000系初期タイプ 1000系最終タイプ
1000系初期タイプ前面 1000系最終タイプ前面

1000系編成表 (←西神中央−−−新神戸−谷上→)
1100 1200 1300 1400 1500 1600
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000形
MG
CP
CH
1C8M
CH
1C8M
MG
CP
2011年 2月 消滅
1100-01 1200-01 1300-01 1400-01 1500-01 1600-01
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000-01形
MG
CP
VVVF
GTO
1C8M
VVVF
GTO
1C8M
MG
CP
竣工
(M車4両)
竣工(1300)
5連化
竣工(1400)
6連化
VVVF化
110112011301140115011601 1976年 2月1983年 3月1989年11月1998年 3月
110212021302140215021602 1976年 7月1983年 3月1989年12月1999年 4月
110312031303140315031603 1976年 7月1983年 3月1989年11月2000年 3月
110412041304140415041604 1976年 7月1983年 3月1989年11月2003年 3月
110512051305140515051605 1976年 7月1983年 3月1989年12月2002年 3月
110612061306140615061606 1976年 7月1983年 3月1989年11月2001年 3月
110712071307140715071607 1981年 3月1983年 3月1989年11月2004年 3月
1100-01 1200-01 1300-01 1400-01 1500-01 1600-01
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000-02形
MG
CP
VVVF
IGBT
1C8M
VVVF
IGBT
1C8M
MG
CP
竣工
(M車4両)
竣工(1300)
5連化
竣工(1400)
6連化
VVVF化
110812081308140815081608 1981年 3月1983年 3月1989年11月2005年 2月
1100-01 1200-01 1300-01 1400-01 1500-01 1600-01
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000-02形
MG
CP
VVVF
IGBT
1C8M
VVVF
IGBT
1C8M
MG
CP
竣工
(1400以外)
竣工(1400)
6連化
VVVF化
110912091309140915091609 1983年 2月1989年12月2006年 1月
111012101310141015101610 1983年 2月1989年12月2007年 3月
111112111311141115111611 1983年 2月1989年12月2007年 1月
111212121312141215121612 1985年 4月1989年12月2010年 1月
111312131313141315131613 1985年 4月1989年12月2008年 3月
111412141314141415141614 1985年 5月1989年12月2009年 2月
111512151315141515151615 1985年 5月1990年 1月2011年 2月
1100 1200 1300 1400 1500 1600
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000形
MG
CP
CH
1C8M
CH
1C8M
MG
CP
2012年 2月 消滅
1100 1200 1300 1400 1500 1600
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000形
SIV
CP
CH
1C8M
CH
1C8M
SIV
CP
2011年 4月〜2012年8月頃のみ存在
1100 1200 1300 1400 1500 1600
Mc2M1TT'M1'Mc2'1000-02形
SIV
CP
VVVF
IGBT
1C8M
VVVF
IGBT
1C8M
SIV
CP
竣工
(1400以外)
竣工(1400)
6連化
VVVF化SIV化
111612161316141615161616 1987年 2月1990年 1月2011年 1月2011年 1月
111712171317141715171617 1987年 2月1990年 1月2012年12月2011年 3月
111812181318141815181618 1987年 2月1990年 1月2012年 2月2012年 2月

2003/04/05作成,2013/03/04最終更新

車両ガイド    神戸市営地下鉄 北神急行    神戸鉄道資料館