神戸市交3000系

概要

西神・山手線3000系  神戸市交通局3000系は,快速を新設した1993年7月ダイヤ改正の列車増発に対応して登場した西神・山手線用の車両である。 神戸市交所属の車両で初めてVVVF制御が導入されるとともに,車体の前面形状と塗色も一新された新形式車で,次のような特徴を持っている。

19m級アルミ車体
 神戸市営地下鉄「緑のUライン」のイメージカラーであるグリーン系をベースにして塗装されたアルミ車体である。 淡いグリーンをベースに明るいイメージとしながらも,濃いグリーンの帯とグレーの裾で引き締めている。
 車体外側の車番は神戸市電の伝統を引き継ぐ字体の切り抜き文字。先頭車の側面車番は乗務員室ドア横のUマーク上に。
 側窓は1枚下降式で,日除けはアルミプレス構造のよろい戸(阪急タイプ)。
 両開き扉が片側3ヶ所,扉開閉予告ブザーを設置。
 前面の形状と丸型ヘッドライトで,丸みを帯びたイメージとなっている。
VVVF制御(1C8M)
 GTO素子による可変電圧可変周波数(VVVF)インバータ制御で,回生ブレーキ優先遅れ込め制御のブレーキとあわせて,より一層の省エネルギー化に貢献。
 郊外区間での連続急勾配に備えて,抑速ブレーキにも対応。
車内案内表示装置
 車内の各扉上に案内表示装置を設置。路線図タイプとフリーパターンの2種類があり,交互に配置されている。
 1次車2編成(3123F,3124F)は新製時には未設置で,1994年1月から3月にかけて2編成とも改造で取り付け。2次車4編成(3125F〜3128F)は新製時から設置,
ATC/ATO装置
 ATC(自動列車制御装置)は,高周波連続誘導受信により車内信号機で信号を表示,連続速度照査により速度超過時には制限速度以下に自動的にブレーキが動作。
 ATO(自動列車運転装置)は,運転台で出発押しボタンを押すことにより,起動〜定速運転〜駅定位置停車まで自動で制御装置およびブレーキ装置を制御。
冷房装置
 集約分散型で,各車に大型2台の冷房装置が搭載されている。
 ラインフローファンも搭載されている。
運転台
 デスクタイプの運転台で,2ハンドルながら横軸前後操作式のマスコンおよびブレーキハンドル。

 新製時から前面上部両端(前面窓内側)に種別表示灯が設置され,快速運転時に点灯していた。 (1995年1月から快速は運転されてない。)

 2003年から車両間転落防止幌が順次設置されている。


編成

 1993年と1994年の2次にわたり6連が6編成新造されただけで,以降は増備されてない。

3000系編成表 (←西神中央−−−新神戸−谷上→)
3100 3200 3300 3400 3500 3600
Mc2M1TT'M1'Mc2'
SIV
CP
VVVF
1C8M
VVVF
1C8M
SIV
CP
竣工
3123322333233423352336231993年 1月
3124322433243424352436241993年 1月
3125322533253425352536251994年 3月
3126322633263426352636261994年 3月
3127322733273427352736271994年 3月
3128322833283428352836281994年 3月

2003/09/28
車両ガイド    神戸市営地下鉄 北神急行    神戸鉄道資料館