神戸市営地下鉄 ヘッドマーク・装飾列車

スポーツPR

 神戸市営地下鉄沿線には,西神・山手線総合運動公園駅の近くと海岸線御崎公園駅近くにプロ仕様のスタジアムがあります。 これらではプロ・アマチュアでも有名な試合が行われます。 それに合わせて,神戸市営地下鉄では様々なPRが行われ,車両においてもヘッドマークの掲出などでPRの一助を担っています。 このページでは車両でのPRの様子をご紹介します。

INAC神戸レオネッサ優勝

2013年

 日本女子サッカー「なでしこリーグ2013」において「INAC神戸レオネッサ」が優勝,3連覇したのを祝して, 2013年10月22日から11月29日まで,海岸線5編成に記念ヘッドマークが掲出されています。

祝なでしこリーグ3連覇 ヘッドマークを掲出する海岸線5102F 祝なでしこリーグ3連覇 ヘッドマーク
2013/10/26 記

2012年

祝なでしこリーグ優勝 ヘッドマーク  日本女子サッカー「なでしこリーグ2012」において「INAC神戸レオネッサ」が優勝したのを祝して, 2012年11月2日から30日まで,西神・山手線2編成と海岸線4編成に記念ヘッドマークが掲出されています。

 西神・山手線・・・2120F,3126F(清盛隊ラッピング編成)
 海岸線・・・5102F,5107Fほか

祝なでしこリーグ優勝 ヘッドマークを掲出する西神・山手線2120F 祝なでしこリーグ優勝 ヘッドマークを掲出する西神・山手線3126F清盛ラッピング編成 祝なでしこリーグ優勝 ヘッドマークを掲出する海岸線5102F
2012/11/14追加,2012/11/29画像追加

Buffaloes

 プロ野球では,2005年シーズン前にオリックス・ブルーウェーブと近鉄・バファローズが合併し,オリックス・バファローズに生まれ変わりました。 西神・山手線 総合運動公園駅すぐ近くにあるスカイマークスタジアム(グリーンスタジアム神戸)がホームグラウンドのひとつであり, 同スタジアムでオリックスのゲームが開催される日には西神・山手線の車両は北神車も含めて Buffaloes ヘッドマークが取り付けられます。 (前シーズンまでの Blue Wave ヘッドマークから変更)

Buffaloes ヘッドマーク Buffaloes ヘッドマークが取り付けられたIGBT-VVVF車1108F
2005/05/08追加

 オリックス・バファローズのマスコットだった「ネッピー」と「リプシー」が2010年で引退し, 2011年から「BuffaloBULL(バファローブル)」と「BuffaloBELL(バファローベル)」に交代したのにともない, Buffaloesヘッドマークも同年のシーズンから変更されています。

Buffaloes ヘッドマーク Buffaloes ヘッドマークが取り付けられた1615F
2011/04/23追加

 普段「KOBE de 清盛2012」のヘッドマークが掲出されている2012年シーズン中も同様で,神戸・清盛隊ラッピング編成にもBuffaloesヘッドマークが掲出されました。

神戸・清盛隊ラッピング+Buffaloesヘッドマーク
2012/04/24記

Blue Wave

 プロ野球オリックス・ブルーウェーブは西神・山手線 総合運動公園駅すぐのところにあるグリーンスタジアム神戸を本拠地としており, 同スタジアムでオリックスのゲームが開催される日に西神・山手線の車両は北神車も含めて Blue Wave ヘッドマークが取り付けられます。 営業運用車だけではなく,試運転がある日には試運転車両にもヘッドマークが取り付けられます。(2004年シーズンで終了)

Blue Wave ヘッドマーク Blue Wave ヘッドマークが取り付けられた1000系試運転車
2001/10/06追加

ジャパンラグビートップリーグ応援列車

2008年

コベルコスティーラーズのヘッドマークが取り付けられた5409号車  ジャパンラグビートップリーグ2008-2009で地下鉄海岸線沿線のホームズスタジアム神戸(神戸ウイングスタジアム)でも試合が開催されます。

 地元の神戸製鋼コベルコスティーラーズを応援PRするため,12月6日から1月18日まで海岸線2編成に ヘッドマークが掲出されるとともに側窓には同チーム各選手の写真・足形・プロフィールなどが展示されています。

海岸線のみ5103F,5109F

コベルコスティーラーズのヘッドマーク 5103号車・5409号車
コベルコスティーラーズのヘッドマーク 5109号車・5403号車
2008/12/14追加

2007年

コベルコスティーラーズのヘッドマークが取り付けられた5105F  2007年12月8日から2008年1月20日まで,西神・山手線および海岸線の各1編成に, ラグビートップリーグで地元神戸のチーム「Kobelco Steelers」で活躍する選手のプロフィールと足型などが記されたシートが側面窓に貼られており, ヘッドマークが掲出されています。

海岸線・・・5105F,西神・山手線・・・3123F(全て同じデザインのヘッドマーク)

コベルコスティーラーズのヘッドマーク コベルコスティーラーズのヘッドマークが取り付けられた3123F
2007/12/08追加

 さらに2008年1月10日から2月11日まで,西神・山手線および海岸線の各1編成に, 同じく地元神戸のチーム「WORLD FIGHTING BULL」で活躍する選手のプロフィールと足型などが記されたシートが側面窓に貼られており, ヘッドマークが掲出されています。

海岸線・・・5108F(両先頭車で同じヘッドマーク)

ワールドファイティングブルのヘッドマーク ワールドファイティングブルのヘッドマークが取り付けられた5108F
2008/01/12追加

西神・山手線・・・3124F(前後で異なるヘッドマーク)

ワールドファイティングブル(3124号車) ワールドファイティングブル(3624号車) ワールドファイティングブルのヘッドマークが取り付けられた3124F
2008/02/03追加

2006年

ラグビーKOBEヘッドマークが取り付けられた5103号車  2006年9月1日から開幕したジャパンラグビートップリーグ2006-2007では地下鉄海岸線沿線の神戸ウイングスタジアムでも試合が開催されます。

 地元の神戸製鋼コベルコスティーラーズとワールドファイティングブルの両チームをPRするために 12月6日から1月14日まで西神・山手線2編成および海岸線1編成に, ヘッドマークが掲出されるとともに側窓には両チーム各選手の写真・足形・サイン・プロフィールが展示されています。

海岸線・・・「ラグビーKOBE号」(5103F)
西神・山手線・・・「神戸製鋼コベルコスティーラーズ号」(2120F)・「ワールドファイティングブル号」(2121F)

海岸線
ラグビーKOBEのヘッドマーク ラグビーKOBE
5403号車
ラグビーKOBEのヘッドマーク ラグビーKOBE
5103号車
西神・山手線
コベルコスティーラーズのヘッドマーク コベルコスティーラーズ
2120号車・2620号車
ワールドファイティングブルのヘッドマーク ワールドファイティングブル
2121号車
ワールドファイティングブルのヘッドマーク ワールドファイティングブル
2621号車
2006/12/11追加・2006/12/24追記

2005年

コベルコスティーラーズのヘッドマークが取り付けられた1608号車  2005年9月17日から開幕したジャパンラグビートップリーグ2005-2006では地下鉄海岸線沿線の神戸ウイングスタジアムでも試合が開催され, 12月24日の神戸ウイングスタジアムでは,地元神戸のチーム同士で「神戸ダービー」として 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 ワールドファイティングブル 戦が行われました。

 これをPRするために12月1日から12月25日まで西神・山手線で「神戸ダービー号」が運行されています。 該当編成は,1108Fと1110Fの2編成。ヘッドマークが掲出されるとともに,側窓には両チーム各選手の足形・サイン・プロフィールが展示されました。

 ヘッドマークは,
ワールドファイティングブルが1108号車と1610号車に異なるデザインのもの,
コベルコスティーラーズが1608号車と1110号車に同じデザインのものが掲出されています。

コベルコスティーラーズのヘッドマーク コベルコスティーラーズ
1608号車・1110号車
ワールドファイティングブルのヘッドマーク1610号車版 ワールドファイティングブル
1610号車
ワールドファイティングブルのヘッドマーク1108号車版 ワールドファイティングブル
1108号車
2005/12/11追加

2004年

Kobelco Steelers ヘッドマーク(赤)が取り付けられた5106F  2004年11月27日から2005年1月9日まで海岸線の2編成に, ラグビートップリーグの「Kobelco Steelers」(神戸製鋼)で活躍する選手のサインと足型などが記された色紙が窓に貼られています。

 また,これらの編成にはヘッドマークが掲出されています。 ヘッドマークは同じデザインながら編成ごとにベースカラーが異なります。(5106F・・・赤 5109F・・・青)

Kobelco Steelers ヘッドマーク(5109F 青) Kobelco Steelers メンバー紹介色紙が窓に貼られている
2004/11/29追加

Vissel Kobe

2007年

 海岸線沿線にあるホームズスタジアム神戸(旧名称:神戸ウイングスタジアム)をホームグラウンドとし, J1リーグに復帰した地元チーム「ヴィッセル神戸」を応援して盛り上げるため, 2007年4月24日〜5月27日に一部編成の側窓に選手を紹介する色紙を窓に貼り付けた「ヴィッセル神戸号」が走っています。

 編成ごとに愛称がつけられており,「Vissel Kobe」のマスコットなどが描かれたヘッドマークも編成ごとに異なったものとなっています。

海岸線・・・「ヴィッセルトモニイコウ号」(5105F)
西神・山手線・・・「ヴィッセルドリーム号」(3126F)・「ヴィッセルヴィクトリー号」(3128F)

ヴィッセルドリーム号(3626F) ヴィッセルドリーム号(3626F)
ヴィッセルトモニイコウ号(5105F) ヴィッセルトモニイコウ号(5105F)
ヴィッセルドリーム号 ヘッドマーク(3626F) ヴィッセルドリーム号(3626F)
ヴィッセルヴィクトリー号 ヘッドマーク(3628F) ヴィッセルヴィクトリー号(3628F)
ヴィッセルトモニイコウ号 ヘッドマーク(5105F) ヴィッセルトモニイコウ号(5105F)
2007/04/30追加

2005年

 2005年3月1日から4月4日まで海岸線の2編成に, 神戸ウィングスタジアムをホームグラウンドとするJリーグチーム「Vissel Kobe」で活躍する選手の顔写真と足型などが記されたパネルが窓に貼られています。

 また,これらの編成には「Vissel Kobe」のマスコットが描かれたヘッドマークが掲出されています。 ヘッドマークは同じデザインながら,編成によって周囲の縁どり方が異なります。 (左:5101F,右:5108F)

Vissel Kobe ヘッドマーク(5101F) Vissel Kobe ヘッドマーク(5108F)
2005/03/02追加

2002 ワールドカップ

 海岸線御崎公園駅のすぐ近くに建設された神戸ウイングスタジアムが,2002年に日本と韓国で開催されるワールドカップの会場のひとつになっています。
 2001年10月1日から神戸ウイングスタジアムでの最終ゲームがあった2002年6月17日まで,海岸線全編成にそのワールドカップをPRするヘッドマークが取り付けられました。

ワールドカップ神戸PRヘッドマーク ワールドカップ神戸PRヘッドマークが取り付けられた5000系
2001/10/02追加

ヘッドマーク・装飾列車   神戸市営地下鉄 北神急行   神戸鉄道資料館