カテゴリー別アーカイブ: 鉄道

【神鉄】公園都市線に3000系

2017年8月19日に神戸電鉄で3000系が公園都市線を走りました。

神戸電鉄公園都市線を走る3000系

【神鉄】公園都市線を走る3000系

公園都市線では通常はワンマン運転対応の3両編成で運行されており,現在は在籍する各系の3両編成が運用されています。(1000系列各形・2000系・6500系)

しかし,同線も4両編成の入線は可能で,沿線に大規模商業施設がオープンした2000年11月には輸送力増強のため5000系(4両編成)が数日間定期列車の運用に入ったことがあるほか, 毎年夏の企画列車ミステリートレインが公園都市線ウッディタウン中央駅を経由地として6000系(4両編成)が走る年もあります。

今回は貸切列車として3006Fが鈴蘭台から公園都市線ウッディタウン中央まで往復したようです。
復路では途中,道場南口の留置線(車庫)で撮影会が行われたようで,その様子が車庫の横を走る列車から見えました。

3000系はすべて4両編成のため,公園都市線を走るのは極めて珍しいことで,私が知る限りでは初めてです。

【阪急】手塚治虫氏ラッピング列車「宝夢(YUME)」

阪急電鉄宝塚線で2015年11月から走っていた宝塚線観光スポットラッピング列車の愛称が一般公募で出品された中から「宝夢(YUME)」と決まり,それまでラッピングがなかった2・4・5・7両目に愛称「宝夢(YUME)」のラッピングが追加されるとともに,両先頭にヘッドマークを掲出して2016年3月27日から運用されていましたが,2017年7月1日からヘッドマークが新デザインに変更されています。

阪急1000系手塚治虫氏観光スポットイラストラッピング列車1003×8R(旧ヘッドマーク宝夢「宝夢(YUME)」)

【阪急】手塚治虫氏ラッピング列車「宝夢(YUME)」1003×8R(新ヘッドマーク)

この「宝夢(YUME)」の旧ヘッドマークを掲げた姿をアップするのを忘れてしまっておりました・・・m(__)m

阪急1000系手塚治虫氏観光スポットイラストラッピング列車1003×8R(旧ヘッドマーク宝夢「宝夢(YUME)」)

【阪急】手塚治虫氏ラッピング列車「宝夢(YUME)」1003×8R(旧ヘッドマーク)

このラッピング&ヘッドマークは今年11月下旬までの予定ですが,なぜこの時期にヘッドマークが変更されたのでしょうね?

【北条鉄道】かぶと虫列車(2017年)

北条鉄道では季節によりいろいろなイベント列車を走らせています。
クリスマスシーズンのサンタ列車は毎年実見しているのですが,夏のかぶと虫列車は久しぶり。

北条鉄道かぶと虫列車

北条鉄道かぶと虫列車(フラワ2000-2+フラワ2000-3)

前回かぶと虫列車撮影したのは手作り感満載のヘッドマークだった2013年。
翌年から変わったかぶと虫列車のヘッドマークをようやく撮影してきました。

北条鉄道かぶと虫列車

北条鉄道かぶと虫列車(フラワ2000-3+フラワ2000-2)

この夏は既に,通常の車両で鈴虫が奏でる爽やかな音色が聞こえるスズムシ列車として走っているようです。

【阪急】天神祭ヘッドマーク(2017年)

今年も7月18日から24日まで掲出された阪急電鉄の天神祭ヘッドマーク。
天神祭は7月24日と25日に開催されるのですがヘッドマーク掲出期間はその初日の24日まで。
数少ない天神祭ヘッドマーク掲出編成でも早々に外されてしまったものもあり,掲出最終日も大方は朝ラッシュで入庫してしまったようで・・・

天神祭ヘッドマークを掲出している1005×8R

天神祭ヘッドマークを掲出している1005×8R(2017年)

天神祭のヘッドマークは2013年まで神戸・宝塚・京都の各線8編成ずつ掲出だったのが,2014年に祇園祭で前祭と後祭の両方が開催されるようになって祇園祭ヘッドマーク掲出期間が延びたために天神祭ヘッドマークが半数の4編成となり,さらに2015年から天神祭ヘッドマークはさらに半分の2編成となってしまいました。
もともと掲出期間が7日だけと短くて難儀していたのに,年々厳しく・・・
わざわざ途中で取替えずに,両ヘッドマークとも同じ期間掲出したほうが面倒くさくなくてよいように思えるのですが,何か大人の事情でもあるんでしょうね。
・・・と少々愚痴ってしまいました。

【山陽】明石だこヘッドマーク(2017年半夏生)

山陽電鉄では2017年夏も,明石だこを味わうイベント「明石半夏生たこまつり」をPRするヘッドマークが掲出されました。

明石半夏生たこまつりをPRするヘッドマークを掲出している山陽5000系5022F

明石半夏生たこまつりをPRするヘッドマークを掲出している山陽5000系5022F
踏切道遮断機外側から撮影

明石半夏生たこまつりは,夏至から数えて11日目からの5日間の節季「半夏生(はんげしょう)」を中心に山陽電鉄沿線の明石で行われるもので,2017年は7月2日が半夏生となっています。

ヘッドマークは5022Fに6月22日頃からまつりが終わる頃まで掲出されていたようです。(7月15日には外されていたのを確認)

【神戸市交】たなばた列車(2017年)

2017年の神戸市営地下鉄のたなばた列車は7月5日から7月26日まで走っています。

神戸市交通局 西神・山手線 たなばた列車 ひこぼし号 市電デザイン塗装3126F(西神中央方)

神戸市交通局 西神・山手線 たなばた列車 ひこぼし号 市電デザイン塗装3126F西神中央方

西神・山手線のひこぼし号は神戸市営交通100周年記念の市電デザイン塗装3126F。

神戸市交通局 西神・山手線 たなばた列車 ひこぼし号 市電デザイン塗装3126F(谷上方)

神戸市交通局 西神・山手線 たなばた列車 ひこぼし号 市電デザイン塗装3126F谷上方

おりひめ号は2000系。同系がたなばた列車になるのは結構珍しく2回目。
前回は2015年のひこぼし号で今回と同じ2122Fでした。

神戸市交通局 西神・山手線 たなばた列車 おりひめ号 2122F

神戸市交通局 西神・山手線 たなばた列車 おりひめ号 2122F

海岸線は3年間5102Fと5110Fの組み合わせでしたが・・・

神戸市交通局 海岸線 たなばた列車 ひこぼし号 5109F

神戸市交通局 海岸線 たなばた列車 ひこぼし号 5109F

今年は5102Fと5109F。

神戸市交通局 海岸線 たなばた列車 おりひめ号 5102F

神戸市交通局 海岸線 たなばた列車 おりひめ号 5102F

5102Fはなんと5年連続です。

この海岸線,今年7月1日から来年2018年3月末まで,事前手続きが必要ですが,なんと中学生以下は神戸市民でなくても無料で乗車できるようです。これを機会に海岸線に乗り,沿線を巡ってみては・・・
手続きなど詳細は,神戸市交通局沿線NAVIで。

【神鉄】七夕列車2017

2017年の夏も神戸電鉄で七夕列車が6月30日から7月9日まで走っています。

ハッピートレイン5002F七夕列車

【神戸電鉄】HAPPY TRAIN☆七夕列車

今年もHAPPY TRAIN☆5002Fが七夕列車。

ハッピーな七夕となりますように・・・

ハッピートレイン七夕列車の運行予定は神戸電鉄のホームページで・・・

【阪急】阪神競馬場宝塚記念ヘッドマーク(2017年)

2017年の阪神競馬場宝塚記念もすでに終わっていますが,そのPRヘッドマークが今年も阪急電鉄で掲出されていました。

今津線では7006×6R,5004×6R,5102×6Rの3編成。

阪神競馬場宝塚記念2017年ヘッドマーク7006×6R

阪神競馬場宝塚記念ヘッドマーク(2017年)7006×6R

この7006×6R,通常は梅田方に8031×2を繋いだ8連で神戸線を走っているのですが,ここしばらく6連で今津線を走っているようです。

神戸線(今津線から直通の準急など含む)を走る8連は・・・

阪神競馬場宝塚記念2017年ヘッドマーク1000×8R

阪神競馬場宝塚記念ヘッドマーク(2017年)1000×8R

1000×8Rでした。

今回は掲出期間が6月19日(月)から始まってレース当日の6月25日(日)までの7日間で,週末は最後の2日間のみというのは厳しいです。
せめて前週の金曜日あたりから始めて,週末を2回絡ませていただけるとありがたいのですが・・・

【山陽】「Meet Colors!台湾」号(5010×6姫路方)

2017年6月5日から走っている山陽電鉄の「Meet Colors!台湾」号の神戸・大阪方は既にご紹介しましたが,今回は姫路方です。

Meet Colors! 台湾 ラッピングの山陽5010F 姫路方

【山陽】「Meet Colors! 台湾」号(5010F 姫路方)

前面は5010号車と5605号車とは同じデザインのようです。
側面は編成全体として朱色から紫色のグラデーションのようになっており,神戸・大阪方5010号車は元もとの帯の色に近いのに対して,姫路方5605号車は普段の姿と違う感がありますね。