カテゴリー別アーカイブ: 鉄道

【阪神】阪神なんば線開業10周年記念ラッピング

阪神なんば線が開業して2019年3月20日に10周年を迎えるのを記念して,さまざまな企画が実施されています。

その第一弾として阪神1210Fにラッピングが施され,2019年1月16日から約2年間の予定で運行されています。

ラッピングのデザインは,阪神電車が走る姫路から奈良までの沿線各地のイメージを阪神沿線に縁のあるイラストレータ2名が描いたものです。また,10周年記念のロゴがヘッドマークステッカーとして掲出されています。

阪神なんば線開業10周年ラッピング1210F

阪神なんば線開業10周年ラッピングを施した阪神1210F

2019年7月15日に実施された阪神なんば線10周年記念ツアー~阪神1000系車両で行く 山陽・阪神・近鉄 直通運行「3社車庫めぐり」~として山陽姫路から近鉄奈良まで運行された貸切列車がこのラッピング編成で運行されました。

かつては休日ダイヤに近鉄乗入れ対応阪神車による阪神山陽直通特急運用があったので,山陽電鉄線内でも休日なら阪神1000系・9000系が必ず見られたのですが,現行ダイヤではその運用がなくなってしまい,山陽線内でこれらを見る機会は極めて少なくなってしまいました。
1000系にラッピングされた阪神なんば線10周年記念ラッピングも走り始めて半年たって,ようやく山陽電鉄線内でようやくゲットできました。

【山陽】半夏生明石だこヘッドマーク(2019年)

夏至から数えて11日目からの5日間の節季「半夏生(はんげしょう)」に,明石だこを味わうイベント「明石半夏生たこまつり」が開催されます。それに合わせて2019年は6月24日頃から山陽5000系5016F6両編成に半夏生明石だこヘッドマークが山陽電鉄の車両に掲出されています。

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5016×6

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5016F(神戸方)

2019年のヘッドマークは,両先頭車で異なるデザインで,いずれも明石たこ大使“さかなクン”がデザインしたそうです。

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5608×6

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5016F(姫路方)

【山陽】3000系未更新車が旧標準色ツートンカラーで最終出場

山陽電鉄の鋼製車は,現在,クリーム色の車体に赤と黒の帯が入った塗装となっていますが,1948年から1988年までの車体標準色はクリームイエローとネイビーブルーのツートンカラーでした。

2016年からの6000系新造に伴い3000系が順次引退していく中で,リニューアルされずに車体が原型を保っている鋼製未更新車として最後の定期検査を受ける3030F4連を,3000系登場時の旧標準色ツートンカラーに復刻し,2019年7月5日から2021年春ごろまで営業運転することになりました。

2019年7月に最後の定期検査を出場して旧標準色ツートンカラーに復刻された3030Fは,3000系未更新車最終出場記念復刻ツートンカラーヘッドマークを掲出し,7月5日に姫路駅で記念式典が行われた後,姫路から東二見まで事前募集の団体列車として運行され,翌7月6日から通常運用に就いています。

山陽3000系未更新車最終出場記念復刻ツートンカラーヘッドマーク付 旧標準色3030F

山陽3000系未更新車最終出場記念復刻ツートンカラーヘッドマーク付 旧標準色3030F

しかし,通常運用初日にこれを撮影して間もなく故障発生,運行途中で打ち切り回送入庫した模様。
さらに翌日2日目も故障発生により途中回送入庫となってしまったようです。
出場して立て続けの故障,心配です。

【神鉄】七夕列車2019

神戸電鉄では2019年の夏も七夕列車が6月22日から7月7日まで走っています。
車内には沿線幼稚園児の願いが託された短冊が展示されています。

ハッピートレイン5002F七夕列車

【神戸電鉄】HAPPY TRAIN☆七夕列車(2019年)

今年の七夕列車も子供たちに人気の HAPPY TRAIN☆ 5002Fでした。

【山陽】Last Runヘッドマーク(3052F)

山陽電鉄では2016年から新形式車両6000系が新造され,同年4月27日から営業運用を開始,以降も増備されており,それに伴い3000系が順次引退しています。

2019年6月28日から,3052F(3052-3053-3531-3631)にLast Runヘッドマークが掲出されています。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3052号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3052号車

いずれのヘッドマークも,掲出されている車両の旧塗装時代の前面のイラストが描かれるとともに,車番と運用された期間が記されています。
公式な発表はないようですが,ヘッドマークの表記から2019年7月5日で運用を終えるようです。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3631号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3631号車

3052F車内の検査票では2018年3月に全般検査を受けたばかりのようで,まだ暫くは安泰と思っていたのですが・・・

先日,山陽6000系では初めての4両編成となる6010F4両が東二見車庫に搬入されたようですね。

【阪急】阪神競馬場宝塚記念ヘッドマーク(2019年)

2019年も阪神競馬場宝塚記念をPRするヘッドマークが阪急電鉄の一部編成に掲出されました。
掲出期間はレース前週金曜日からのことが多いのですが,今年は予告されていた開始期間が6月17日(月)頃からと遅いスタートの予定だったのですが,実際はさらに翌日の6月18日からだったようで,掲出期間6日間は阪神競馬場レースPRヘッドマークでは最短でした。

今津線では5004×6R,5006×6R,5012×6Rのいずれも5000系で3編成・・・

阪神競馬場宝塚記念2019年ヘッドマーク 阪急5012×6R

阪神競馬場宝塚記念ヘッドマーク(2019年)阪急5012×6R

神戸線(今津線から直通の準急など含む)を走る8連は7020×8R・・・

阪神競馬場宝塚記念2019年ヘッドマーク 阪急7020×8R

阪神競馬場宝塚記念ヘッドマーク(2019年)阪急7020×8R

今年も宝塚記念当日は,梅田10:00発特急新開地行に乗ると西宮北口で乗り換える今津線列車がオリジナルヘッドマーク付の列車になったようでした。

【北神急行】「北神おでかけ1dayフリーパス」・「夏の販売会」 ヘッドマーク

北神急行電鉄では2019年6月7日から7月8日まで,2種類のヘッドマークが掲出されています。

西神中央寄り先頭車(7050側)には「北神おでかけ1dayフリーパス」ヘッドマークが掲出されています。
券面デザインが全国の鉄道むすめ関連のデザインを手掛けるMATSUDA98氏の描き下ろし「北神弓子」となった2019年夏版の北神おでかけ1dayフリーパスをPRしています。

北神おでかけ1dayフリーパスヘッドマークを掲出している北神急行7000系

北神おでかけ1dayフリーパスヘッドマークを掲出している北神急行7000系

谷上寄り先頭車(7150側)には「夏の販売会」ヘッドマークが掲出されています。
北神急行電鉄公式マスコットキャラクター「北神弓子」の応援ソングを歌う音楽グループ「半熟BLOOD」結成7周年を記念して 2019年7月7日に谷上駅で実施する「夏の販売会」をPRしています。

夏の販売会ヘッドマークを掲出している北神急行7000系

夏の販売会ヘッドマークを掲出している北神急行7000系

機能,東北地方北部が梅雨入りしたそうですが,近畿地方はまだのようですね。
上の写真を撮影した日は近畿の平年梅雨入り日を過ぎていましたが,昼前からよく晴れていました。

【阪急】観光スポットラッピング(2018年~)神戸線「爽風(kaze)」

阪急電鉄の各線観光スポットラッピングの第2弾が2018年3月に出てきたと思えば,早くも2018年11月にデザインがリニューアルされて第3弾が出てすでに半年。
今更・・・ですが,神戸線の第3弾「爽風(kaze)」を・・・

阪急神戸線観光スポットラッピング「爽風(kaze)」1007×8R

【阪急】神戸線観光スポットラッピング「爽風(kaze)」1007×8R

その前の第2弾を・・・

阪急神戸線観光スポットラッピング「爽風(kaze)」1002×8R

【阪急】神戸線観光スポットラッピング「爽風(kaze)」1002×8R

明日2019年5月27日から,新たなラッピング車が走り始めますね。

【阪急】観光スポットラッピング(2018年~)京都線「古都」

阪急電鉄の各線観光スポットラッピングの第2弾が2018年3月に出てきたと思えば,早くも2018年11月にデザインがリニューアルされて第3弾が出てすでに半年。
今更・・・ですが,先日ようやく京都線の第3弾「古都」を撮影。
観光スポットラッピング第3弾のなかでも京都線だけ気合が入っていて,車体の両面でも異なるデザインなのですが・・・
とりあえず,これだけ。

阪急京都線観光スポットラッピング列車「古都」1301×8R

【阪急】京都線観光スポットラッピング列車「古都」1301×8R

その前の第2弾もまだでしたので・・・

阪急京都線観光スポットラッピング列車「古都」1301×8R

【阪急】京都線観光スポットラッピング列車「古都」1301×8R

【阪急】嵐山直通臨時「さがの」(2019年春)7321×6R

2019年1月19日に阪急電鉄京都線のダイヤが変更されましたが,行楽シーズン臨時ダイヤも変更となり,嵐山への直通臨時列車が縮小されました。

平日は2018年春秋と同じく西宮北口~嵐山で直通特急が運転されましたが,車両は,休日ダイヤで梅田~河原町で快速特急として運転される京とれいん雅洛7006×6Rが使用され,グレードアップしました。

休日では嵐山直通列車は梅田~嵐山の快速特急「さがの」3往復となり,高速神戸との「あたご」・宝塚との「とげつ」・天下茶屋との「ほづ」・河原町との「おぐら」はなくなりました。

2019年春には7300系2+6の8連が久しぶりに分割されて6連となり,ヘッドマークも新しくなった「さがの」のうちの1往復に連日運用されました。

阪急嵐山直通臨時列車さがの2019年春7300系

【阪急】嵐山直通臨時列車「さがの」2019年春7300系

「さがの」に運用された7300系は7321×6Rで,昼間は嵐山線内折り返し列車にも入りました。