カテゴリー別アーカイブ: 山陽電鉄

【山陽】半夏生明石だこヘッドマーク(2019年)

夏至から数えて11日目からの5日間の節季「半夏生(はんげしょう)」に,明石だこを味わうイベント「明石半夏生たこまつり」が開催されます。それに合わせて2019年は6月24日頃から山陽5000系5016F6両編成に半夏生明石だこヘッドマークが山陽電鉄の車両に掲出されています。

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5016×6

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5016F(神戸方)

2019年のヘッドマークは,両先頭車で異なるデザインで,いずれも明石たこ大使“さかなクン”がデザインしたそうです。

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5608×6

半夏生明石だこヘッドマークを掲出している山陽電鉄5000系5016F(姫路方)

【山陽】3000系未更新車が旧標準色ツートンカラーで最終出場

山陽電鉄の鋼製車は,現在,クリーム色の車体に赤と黒の帯が入った塗装となっていますが,1948年から1988年までの車体標準色はクリームイエローとネイビーブルーのツートンカラーでした。

2016年からの6000系新造に伴い3000系が順次引退していく中で,リニューアルされずに車体が原型を保っている鋼製未更新車として最後の定期検査を受ける3030F4連を,3000系登場時の旧標準色ツートンカラーに復刻し,2019年7月5日から2021年春ごろまで営業運転することになりました。

2019年7月に最後の定期検査を出場して旧標準色ツートンカラーに復刻された3030Fは,3000系未更新車最終出場記念復刻ツートンカラーヘッドマークを掲出し,7月5日に姫路駅で記念式典が行われた後,姫路から東二見まで事前募集の団体列車として運行され,翌7月6日から通常運用に就いています。

山陽3000系未更新車最終出場記念復刻ツートンカラーヘッドマーク付 旧標準色3030F

山陽3000系未更新車最終出場記念復刻ツートンカラーヘッドマーク付 旧標準色3030F

しかし,通常運用初日にこれを撮影して間もなく故障発生,運行途中で打ち切り回送入庫した模様。
さらに翌日2日目も故障発生により途中回送入庫となってしまったようです。
出場して立て続けの故障,心配です。

【山陽】Last Runヘッドマーク(3052F)

山陽電鉄では2016年から新形式車両6000系が新造され,同年4月27日から営業運用を開始,以降も増備されており,それに伴い3000系が順次引退しています。

2019年6月28日から,3052F(3052-3053-3531-3631)にLast Runヘッドマークが掲出されています。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3052号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3052号車

いずれのヘッドマークも,掲出されている車両の旧塗装時代の前面のイラストが描かれるとともに,車番と運用された期間が記されています。
公式な発表はないようですが,ヘッドマークの表記から2019年7月5日で運用を終えるようです。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3631号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽電鉄3631号車

3052F車内の検査票では2018年3月に全般検査を受けたばかりのようで,まだ暫くは安泰と思っていたのですが・・・

先日,山陽6000系では初めての4両編成となる6010F4両が東二見車庫に搬入されたようですね。

【山陽】さくらとおでかけ山陽電車号(ヘッドマークのみ)

山陽電鉄と人気アニメ「カードキャプターさくらクリアカード編」とがコラボレーションしたスペシャル企画「さくらとおでかけ山陽電車」が2018年8月15日から10月8日まで開催され,その一環として,山陽5000系6連1編成(5008F)の車内・車外が装飾された「さくらとおでかけ山陽電車号」が,主に直通特急で山陽姫路~阪神梅田を2018年10月12日まで走りました。

2019年3月21日から4月9日まで,さくらちゃんの誕生日を記念して期間限定で5016Fにヘッドマークが再掲出されました。

さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5016号車

【山陽】さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5016号車

「さくらとおでかけ山陽電車号」に掲出されていたヘッドマークは前期後期で異なるものでしたが,今回は後期と同じものが掲出されました。

さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5608号車

【山陽】さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5608号車

甲子園球場でセンバツ高校野球大会の試合があった日は「センバツ」副標も掲出されていました。

【山陽】日本酒のふるさと播磨ヘッドマーク(2019年)

2019年2月16日から山陽電鉄の5014Fと3018Fに,編成前後で異なる2種類の「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマークが掲出されています。このヘッドマークは初登場で,上り方先頭車のヘッドマークには,はりま酒文化ツーリズムのイメージキャラクター「もりりぃ」も描かれています。

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮・梅田側)を掲出する山陽5014号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮・梅田側)を掲出 山陽5014号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出する山陽5607号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出 山陽5607号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮側)を掲出する山陽3018号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮側)を掲出 山陽3018号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出する山陽3609号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出 山陽3609号

2019年3月2日には播磨の日本酒を楽しむ貸切イベント列車が久しぶりに「播磨の新酒列車」として明石~姫路で1往復運行されました。この列車に充当されたのは3018Fではなく,2月末で通常営業運用から引退した3206F3連でした。
3018Fに掲出されていたヘッドマークが2月末頃に外されて,イベント列車「播磨の新酒列車」3206Fに移動したようです。

5014Fには2019年3月16日時点で掲出継続中のようです。

【山陽】Last Runヘッドマーク(3206F・3208F)

山陽電鉄では2016年から新形式車両6000系が新造され,同年4月27日から営業運用を開始,以降も増備されており,それに伴い3000系が順次引退しています。

2019年2月21日から3206F(3206-3207-3617)に,翌22日から3208F(3208-3209-3618)に,Last Run ヘッドマークが最終通常営業運行日の2月28日まで掲出されました。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3208号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3208号車

ヘッドマークには,掲出されている車両の旧塗装時代の前面のイラストが描かれるとともに,車番と運用された期間が記されています。
3000系から改造により3200系に編入された先頭車には,3000系時代の元車番も併記。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3618号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3618号車

ワンマン運転対応の3200系は網干線での運用が多かったので,網干線へ出張撮影↑。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3206号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3206号車

3206Fには各車両側面中央扉横に「日本酒のふるさと播磨」ステッカーも貼られており,通常営業運行引退後の2019年3月2日の播磨の新酒列車運行イベントで,「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマークを掲出した貸切列車が本当に最後の本線走行となりました。

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3617号車

Last Run ヘッドマーク掲出 山陽3617号車

最後まで3200系として残っていた3206Fと3208Fの引退により,3200系は消滅となりました。

【山陽・阪神】映画「フォルトゥナの瞳」ヘッドマーク

2019年2月15日から公開される映画「フォルトゥナの瞳」をPRするため,山陽電鉄・阪神電鉄・近畿日本鉄道の車両各1編成が映画「フォルトゥナの瞳」号として2月1日から運行されていました。

映画「フォルトゥナの瞳」ヘッドマークを掲出する山陽5000系5008F

映画「フォルトゥナの瞳」ヘッドマークを掲出する山陽5000系5008F

この映画は神戸市内各所など,山陽・阪神・近鉄の各社沿線や駅で撮影が行われたとのことで,3社共通のヘッドマーク1種類が掲出されるとともに車内には映画のロケ地情報などが宙吊りポスターでジャックされるなど,「フォルトゥナの瞳」一色。

映画「フォルトゥナの瞳」ヘッドマークを掲出する阪神8000系8229F

映画「フォルトゥナの瞳」ヘッドマークを掲出する阪神8000系8229F

期間は,山陽・阪神が2月28日まで,近鉄は2月20日までで,またまた事後報告となってしまいました。

残念ながら近鉄の写真は撮れず・・・。

【阪神・山陽】神戸高速線開通50周年記念ヘッドマーク

2018年を振り返る第2弾は,神戸高速線開通50周年記念ヘッドマーク阪神・山陽。

車両を持たない珍しい鉄道会社で有名だった神戸高速鉄道が,阪急三宮,阪神元町,山陽西代,神戸電鉄湊川を結んで今年2018年4月7日に50周年を迎えるのを記念して,いろいろなイベント・キャンペーンが行われましたが,その一環として4社の車両各2編成にヘッドマークが同日から6月30日まで掲出されました。

4社共通で2種類のデザインのヘッドマークが作成され,橙色系のヘッドマークには神戸高速線開通当時の各社の主力車両,青・緑系のヘッドマークには現在の最新世代の各社の車両を並べて描かれています。

各社とも2種類のヘッドマークが2編成の何れかのエンドに,また,編成間で逆エンドに掲出されています。

阪神電鉄では8000系(8231-8031-8131-8132-8032-8232)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8231号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8231号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8232号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8232号車

9300系(9501-9301-9401-9402-9302-9502)。

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9501号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9501号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9502号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9502号車

山陽電鉄では3000系(3012-3013-3606)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3012号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3012号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3606号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3606号車

6000系(6002-6302-6102+6003-6303-6103)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6002号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6002号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6103号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6103号車

でした。

【阪神・山陽】ルミナリエ(2018年)

阪神・淡路大震災の犠牲者を悼むルミナリエが2018年は12月7日から16日まで開催,山陽電鉄の5000系・5030系・6000系,阪神電鉄の8000系・9000系・9300系・1000系・5500系・5700系の全編成にルミナリエ副標を掲出。

この日は天気もぱっとしなかったので,とりあえず撮れる時にルミナリエ副標を掲出した阪神と山陽を1本ずつ撮っておこうと思い,まずは山陽を・・・と思いながら待ち構えていると・・・

ルミナリエ副標を掲出している阪神8000系と山陽5000系

ルミナリエ副標を掲出している阪神8000系と山陽5000系

本日最初のショットで阪神と山陽を同時に・・・わずか1押しでこの日のノルマ達成・・・。

【山陽】神戸マラソンヘッドマーク(2018年)

2018年の神戸マラソンは11月18日に行われるますが,山陽電鉄は昨年に続いてナンバーカードスポンサーとして協賛するとともに各種応援企画を行うようです。
その一環として,2018年10月23日から神戸マラソン当日の11月18日まで,5000系6連にPRヘッドマークを掲出しています。

神戸マラソン2018ヘッドマークを掲出している山陽5022F

【山陽】神戸マラソン2018ヘッドマークを掲出している5022F

この撮影地すぐそばの海沿いの道は元々からジョギングやウオーキングされる人をよくお見かけするところですが,神戸マラソンが近くなってくると一段と走る人の姿が増えてきます。