【神鉄】神戸高速線開通50周年記念ヘッドマーク

2018年を振り返る第4弾は,前回と同じく神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークの神戸電鉄。

車両を持たない珍しい鉄道会社で有名だった神戸高速鉄道が,阪急三宮,阪神元町,山陽西代,神戸電鉄湊川を結んで今年2018年4月7日に50周年を迎えるのを記念して,いろいろなイベント・キャンペーンが行われましたが,その一環として4社の車両各2編成にヘッドマークが同日から6月30日まで掲出されました。

4社共通で2種類のデザインのヘッドマークが作成され,橙色系のヘッドマークには神戸高速線開通当時の各社の主力車両,青・緑系のヘッドマークには現在の最新世代の各社の車両を並べて描かれています。

各社とも2種類のヘッドマークが2編成の何れかのエンドに,また,編成間で逆エンドに掲出されています。

神戸電鉄では・・・

1000系1370形(1376-1375-1374-1373)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄1000系1370形1376号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄1000系1370形1376号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄1000系1370形1373号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄1000系1370形1373号車

6500系(6506-6603-6505)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄6500系6506号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄6500系6506号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄6500系6505号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する神戸電鉄6500系6505号車

に掲出されました。

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークの掲出期間は約3ヶ月ありましたが,4社×各2編成×両先頭車をすべて撮影しようとすると結構厳しかったですね。

【阪急】神戸高速線開通50周年記念ヘッドマーク

2018年を振り返る第3弾は,前回と同じく神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークの阪急。

車両を持たない珍しい鉄道会社で有名だった神戸高速鉄道が,阪急三宮,阪神元町,山陽西代,神戸電鉄湊川を結んで今年2018年4月7日に50周年を迎えるのを記念して,いろいろなイベント・キャンペーンが行われましたが,その一環として4社の車両各2編成にヘッドマークが同日から6月30日まで掲出されました。

4社共通で2種類のデザインのヘッドマークが作成され,橙色系のヘッドマークには神戸高速線開通当時の各社の主力車両,青・緑系のヘッドマークには現在の最新世代の各社の車両を並べて描かれています。

各社とも2種類のヘッドマークが2編成の何れかのエンドに,また,編成間で逆エンドに掲出されています。

阪急電鉄では・・・

5000系(5001-5501-5591-5551-5523-5503-5563-5053)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急5000系5001号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急5000系5001号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急5000系5053号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急5000系5053号車

1000系(1008-1508-1608-1058-1158-1558-1658-1108)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急1000系1008号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急1000系1008号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急1000系1108号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪急1000系1108号車

に掲出されました。

なお,上記の5000系5001Fはその後6連化され,現在は今津線で運用されています。

5000系はそれ以前に既に6編成が6連化されていますが,編成から外されたT車はすべて5100系からの編入車でした。
また,元5100系の車両が編入されるまでは,元々2021系などからの改造車が組み込まれていました。
5001F6連化時に外された5563号車は,唯一5000系のT車として新造された車両でした。
おそらくこの5563号車も廃車になると思われますが,その場合,5000系として新造された車両で初の廃車となります。

【阪神・山陽】神戸高速線開通50周年記念ヘッドマーク

2018年を振り返る第2弾は,神戸高速線開通50周年記念ヘッドマーク阪神・山陽。

車両を持たない珍しい鉄道会社で有名だった神戸高速鉄道が,阪急三宮,阪神元町,山陽西代,神戸電鉄湊川を結んで今年2018年4月7日に50周年を迎えるのを記念して,いろいろなイベント・キャンペーンが行われましたが,その一環として4社の車両各2編成にヘッドマークが同日から6月30日まで掲出されました。

4社共通で2種類のデザインのヘッドマークが作成され,橙色系のヘッドマークには神戸高速線開通当時の各社の主力車両,青・緑系のヘッドマークには現在の最新世代の各社の車両を並べて描かれています。

各社とも2種類のヘッドマークが2編成の何れかのエンドに,また,編成間で逆エンドに掲出されています。

阪神電鉄では8000系(8231-8031-8131-8132-8032-8232)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8231号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8231号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8232号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神8000系8232号車

9300系(9501-9301-9401-9402-9302-9502)。

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9501号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9501号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9502号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する阪神9300系9502号車

山陽電鉄では3000系(3012-3013-3606)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3012号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3012号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3606号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽3000系3606号車

6000系(6002-6302-6102+6003-6303-6103)

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6002号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6002号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6103号車

神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出する山陽6000系6103号車

でした。

【北神急行】2018年6月のヘッドマーク

2018年もいよいよ年の瀬を迎えました。
今年は神戸を走る鉄道で節目の年であったところが多く,記念ヘッドマークも各社で数多く掲出されました。
とりあえず撮影はしておいたものの,アップロードしそびれていたものが多数残っていますので,今更ではありますが,順次挙げていきたいと思います。

まずは今日2018年12月27日に突然?,神戸市営化に向けて協議されることが発表された北神急行の話題から・・・

2018年6月1日から30日まで,7051F~7053Fに2種類のヘッドマークが掲出されました。

西神中央寄り先頭車7051号車~7053号車には「北神急行電鉄×駅メモ!」コラボヘッドマーク。
「北神おでかけ1dayフリーパス」を発売するのをPRするものです。

駅メモ!ヘッドマークを掲出する北神急行7000系

駅メモ!ヘッドマークを掲出する北神急行7000系(西神中央寄り先頭車7050側)

谷上寄り先頭車7151号車~7153号車には「北神急行電鉄×温泉むすめ」ヘッドマークが掲出されました。
これは,北神急行のマスコットキャラクター北神弓子(きたがみ きゅうこ)と温泉むすめとのコラボキャンペーンとして,オリジナルデザイン缶バッジを発売するのをPRするものです。

温泉むすめヘッドマークを掲出する北神急行7000系

温泉むすめヘッドマークを掲出する北神急行7000系(谷上寄り先頭車7150側)

北神急行電鉄の神戸市営化について,北神急行の親会社阪急電鉄の社長と神戸市長との会見が各テレビ局で放送されていましたが,どこも1駅・初乗り運賃が360円で非常に高いことばかり強調していました。
確かに初乗りとしてでなくても割高なのは事実ですが,1駅とはいえ距離は7.5kmもありますからね。
それよりも,実際の利用者としては,神戸電鉄から北神急行に乗り換え,直通先の神戸市営地下鉄にそのまま乗って三宮あたりに行く場合が多く,神鉄・北神・地下鉄の3社の初乗り運賃がプラスされてしまうことで,さらに割高であることを感じるのですが,その点に触れられていたマスコミは,私が見た限りではなかったですね。

ちなみに三宮~西神中央は地下鉄1本・約20kmで400円,
一方,三宮からほぼ同じ距離と同じ所要時間の北神谷上経由神鉄で行く岡場までは210円+360円+390円-乗り継ぎ割引で930円。
西区の西神中央も北区の岡場も同じ神戸市で,どちらも規模が大きな住宅地でありながら,北区民だと倍以上の運賃がかかるんですよね。

【神鉄】クリスマス列車(2018年)

神戸電鉄でクリスマスシーズンに走るクリスマス列車,2018年も12月1日から25日まで「HAPPY TRAIN☆」ラッピング編成5002Fがその役を担いました。

ハッピートレイン5002F クリスマス列車 5002側

「HAPPY TRAIN☆」5002F クリスマス列車 5002側

クリスマスヘッドマークを掲出し,粟生線沿線の保育所・幼稚園の子供たちの願い事やメッセージでいっぱい,窓にもクリスマス装飾され,車掌台に乗務している「しんちゃん」もサンタクロースになって,クリスマスムード満点。

ハッピートレイン5002F クリスマス列車 5001側

「HAPPY TRAIN☆」5002F クリスマス列車 5001側

この日は晴れたり曇ったり目まぐるしく変わる天気でしたが,HAPPY TRAIN☆が来るときにはきれいに晴れてくれてハッピーでした。

【北条鉄道】サンタ列車(2018年)

1989年から毎年12月のクリスマスシーズンに,北条鉄道で「サンタ列車」が走ります。
ツリーやモールなどでクリスマスムードいっぱいに飾り付けられた車両に子供たちがサンタクロースとともに乗り,北条町~粟生を1往復する間に車内でイベントを楽しむというものです。

2018年は12月8日から24日まで,
平日は   2往復(北条町発10:40発・11:40発),
土曜は   3往復(北条町発10:40発・11:40発・12:40発),
日曜・祝日は4往復(北条町発10:40発・11:40発・12:40発・13:40発)
の定期列車にサンタ列車専用車両を連結して運行されました。

前年2017年と同じく,サンタ列車車両フラワ2000-2が粟生側に連結されました。

北条鉄道サンタ列車(往路サンタ列車車両先頭ヘッドマーク付)

北条鉄道サンタ列車(往路サンタ列車車両フラワ2000-2先頭ヘッドマーク付)

サンタ列車車両の先頭部ヘッドマークは,長年にわたってサンタ列車に掲出されてきたサンタクロースを象ったものではなく,前年2017年の定期列車車両先頭部に掲出されたサンタクロースとトナカイが描かれた円形のものに変更されました。

北条鉄道サンタ列車(復路定期列車車両先頭ヘッドマークなし)

北条鉄道サンタ列車(復路定期列車車両先頭ヘッドマークなし)

北条町側の定期列車車両先頭部にはサンタ列車ヘッドマークは掲出されませんでした。

近年はサンタ列車も何かと変化があります。
人気があるようで運行本数も徐々に増えてきており,日曜日と祝日には4往復と最多本数のサンタ列車が運行されることになりました。

【阪急】阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス ヘッドマーク(2018年)

阪急電鉄今津線仁川駅を最寄り駅とする阪神競馬場で12月に開催されるGIレースの二つめ,朝日杯フューチュリティステークスをPRするヘッドマークが,2018年もちょうど1週間,12月10日からレース当日の12月16日まで,阪急今津線の5000系6連2編成に掲出されました。

阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークスヘッドマークを掲出している5004F

阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークスヘッドマーク(2018年)を掲出している5004×6R

このヘッドマークが掲出されたのは5004×6Rと5008×6Rでした。

【阪神・山陽】ルミナリエ(2018年)

阪神・淡路大震災の犠牲者を悼むルミナリエが2018年は12月7日から16日まで開催,山陽電鉄の5000系・5030系・6000系,阪神電鉄の8000系・9000系・9300系・1000系・5500系・5700系の全編成にルミナリエ副標を掲出。

この日は天気もぱっとしなかったので,とりあえず撮れる時にルミナリエ副標を掲出した阪神と山陽を1本ずつ撮っておこうと思い,まずは山陽を・・・と思いながら待ち構えていると・・・

ルミナリエ副標を掲出している阪神8000系と山陽5000系

ルミナリエ副標を掲出している阪神8000系と山陽5000系

本日最初のショットで阪神と山陽を同時に・・・わずか1押しでこの日のノルマ達成・・・。

【神戸市交】クリスマスデコレーション列車(2018年)

神戸市営地下鉄で恒例のクリスマスデコレーションは2018年も西神・山手線3000系1編成。
今年は3124Fが沿線の幼稚園児の作品を車内に展示しながら走っています。

神戸市営地下鉄 西神・山手線 クリスマスデコレーション列車 3124F

神戸市交通局 西神・山手線 クリスマスデコレーション列車 3124F

来年からのクリスマス列車は,おそらく最新型の6000系になるのではないかと,なので3000系のクリスマスデコレーション列車は今年で最後かも・・・と個人的な推測・・・

【神鉄】イベント列車「リアル謎解きゲーム ガタゴトクエスト」

2018年12月2日に,神戸電鉄で谷上から三木上の丸までのイベント列車として「リアル謎解きゲーム ガタゴトクエスト~伝説の“みきのつるぎ”を手に入れろ~」が運行されました。
これは,県政150周年・神戸電鉄開業90周年を記念して,JR加古川線・神戸電鉄粟生線・北条鉄道利用促進協議会によって実施されたイベントで, 貸切列車にKiss FM KOBE サウンドクルー2名と一緒に乗って三木上の丸へ向かい,三木市内に仕掛けられた数々の謎を解きながらまち歩きを楽しむものです。

神戸電鉄 イベント列車「リアル謎解きゲーム ガタゴトクエスト~伝説の“みきのつるぎ”を手に入れろ~」

【神戸電鉄】イベント列車「リアル謎解きゲーム ガタゴトクエスト~伝説の“みきのつるぎ”を手に入れろ~」

貸切列車には県政150周年×神戸電鉄開業90周年ヘッドマークを掲出した6002Fが使用されました。
(鈴蘭台<回送>谷上<貸切列車>鈴蘭台折り返し<貸切列車>三木上の丸<回送>三木<回送>鈴蘭台)