神戸電鉄 2017年3月〜の動き

 2017年3月25日のダイヤ変更以後の車両の動きとダイヤに関連した話題を記録していきます。

6500系 増備

 2016年から新造されている6500系の増備が進められています。

cM T Mc
+6506--6603--6505+
+6508--6604--6507+
+6510--6605--6509+
+6512--6606--6511+

 6500系第3編成6506Fが2017年12月18日から20日にかけて川重兵庫工場から搬入され,試運転等を経て2018年2月9日から営業運用に就いています。

営業運用開始直後の6506F
営業運用開始直後の6506F

2018/02/12 記

 6500系第4編成6508Fは2018年2月27日から3月1日にかけて川重兵庫工場から搬入され,試運転等を経て2018年4月8日から営業運用に就いています。

2019/01/05 記

 2018年度も6500系が2編成増備され, 6500系第5編成6510Fが2019年1月30日から2月3日にかけて川重兵庫工場から搬入されて2月20日頃から営業運用に就き, 6500系第6編成6512Fが2019年2月12日から14日にかけて川重兵庫工場から搬入されて3月29日頃から営業運用に就いています。

営業運用開始した6510F
神戸電鉄6510F

2019/04/22 記

前照灯LED化

 2016年5月頃から5002Fの両先頭車前照灯がLED灯に変更されていましたが,他の編成も同じタイプのLED前照灯に取替えが始まったようです。

 2017年10月頃から2000系3両編成の前照灯がLEDに変更されているのが目撃されていたようです。

2000系 従来の前照灯(点灯状態)
2000系当初の前照灯(2005×3)

2017年10月頃〜 LED灯化された2000系の前照灯(点灯状態)
2000系LED前照灯(2005×3)

2000系 従来の前照灯(消灯状態)
2000系当初の前照灯(2004×3)

2017年10月頃〜 LED灯化された2000系の前照灯(消灯状態)
2000系LED前照灯(2006×3)

2017/11/19 記

 その後2019年1月頃から順次,2000系4両編成と5000系の他編成も前照灯がLEDに変更されているようです。

2019/04/22 記

公園都市線に3000系入線

 2017年8月19日に3000系が公園都市線を走りました。

公園都市線3000系

 公園都市線では通常はワンマン運転対応の3両編成で運行されており,現在は在籍する各系の3両編成が運用されています。(1000系列各形・2000系・6500系)

 しかし,同線も4両編成の入線は可能で,沿線に大規模商業施設がオープンした2000年11月には輸送力増強のため5000系(4両編成)が数日間定期列車の運用に入ったことがあるほか, 毎年夏の企画列車ミステリートレインが公園都市線ウッディタウン中央駅を経由地として6000系(4両編成)が走る年もあります。

 今回は貸切列車として3006Fが鈴蘭台から公園都市線ウッディタウン中央まで往復,復路では途中,道場南口の留置線で撮影会が行われたようです。

 3000系はすべて4両編成のため,公園都市線を走るのは極めて珍しいことです。(おそらく初めて?)

2017/08/20 記

サントリーレディスオープン 運転区間延長

 毎年6月に女子ゴルフトーナメント「サントリーレディスオープン」が神戸近郊のゴルフ場で開催されています。 2006年から六甲国際ゴルフ倶楽部を会場としており,期間中は神戸電鉄粟生線木津駅と神戸電鉄有馬線・北神急行谷上駅から送迎バスが運行されています。

 2012年のダイヤ変更で,昼間の粟生線列車の半数が急行となって木津駅に停車する列車が半減してからは,大会期間中は昼間の急行を木津駅に臨時停車させていました。

 2017年のダイヤ変更で,昼間の粟生線列車の半数が西鈴蘭台行・発となり,木津駅を通る列車本数が半減して30分間隔となったため, 大会期間中は西鈴蘭台始終着列車の運転区間を延長して押部谷折り返しとする措置が取られました。

サントリーレディスオープン2017臨時延長押部谷行

 2017年は6月8日(木)から11日(日)まで開催され,5月15日発表の当初計画として, 平日は12時台までの下り6本・上り5本が, 土曜日・日曜日は,昼間の全ての西鈴蘭台始終着列車上下各10本が,押部谷始終着に臨時延長運転とすることを予告していました。

 しかし,5月29日に宮里藍選手が引退会見を行ったことにより,同トーナメントに参加するのが最後となるため多くの観客が見込まれるためか, 平日も土曜日・日曜日と同数の延長運転に変更されています。 (6月1日変更時刻表発表)

 延長運転により昼間の運用数が1本増となりますが,通常ダイヤで午前の下り西鈴蘭台行(平日2本目・休日1本目)の後は入庫する4連1本がそのまま押部谷折り返しに入り, 前記以外の通常の西鈴蘭台折り返し運用3連2本と合わせて計3本で運用されています。 なお,最後の下り押部谷行の折り返しは回送で鈴蘭台入庫,最後の上り押部谷発は鈴蘭台から回送された編成が充当されていました。 (通常ダイヤで最後の西鈴蘭台発に向けた回送の時刻変更・延長か?)

2017/06/11 記

 2018年はサントリーレディスオープンが6月7日(木)から10日(日)まで開催されました。

 平日・土休日とも2017年に実施された臨時ダイヤと同じく昼間の全ての西鈴蘭台始終着列車上下各10本を押部谷始終着に臨時延長運転したほか, 土休日の朝に新開地発押部谷行臨時準急1本と新開地発鈴蘭台行の押部谷行への延長2本を追加しています。

 2019年のサントリーレディスオープンは6月13日(木)から16日(日)まで開催され,神戸電鉄では2018年と同じ臨時ダイヤが実施されました。

2019/06/16 記

廃車

3004-3103-3104-3003

 2018年2月,3004Fが編成を解かれ,休車札を掲示されて鈴蘭台車庫に留置されているのが目撃されていました。 その後,順次部品取りが行われ,3104-3003が2018年4月22日の終列車後,3004-3103が5月6日の終列車後に鈴蘭台車庫から1376Fの牽引により市場駅作業場に回送され, その翌日にトレーラーに載せられて深夜に搬出されました。

 2018年2月1日付で廃車となっています。

2018/07/29 記

1122-1211-1121

 粟生線サポーターズくらぶ「くらぶの集い(第11回)」の案内の中で,2018年度で1122Fが役目を終えるとの記述があり,2018年3月17日に同くらぶの貸切列車として走行, 2018年3月末に運用を離脱し,編成を解かれて鈴蘭台車庫に留置されていました。

 2019年4月17日深夜に1115とともに1122が,4月19日深夜に1211-1121が,1352-1351-1362-1361の牽引により市場に回送され,それぞれ翌晩にトレーラーにより廃車搬出されました。

2019/04/22 記

1116-1208-1115

 1116Fはが2019年3月頃に運用を離脱した模様で, 2019年4月17日深夜に1122とともに1115が,4月18日深夜に1116-1208が,1352-1351-1362-1361の牽引により市場に回送され,それぞれ翌晩にトレーラーにより廃車搬出されました。

2019/04/22 記

車両とダイヤの歴史    神戸電鉄    神戸鉄道資料館