神戸電鉄 2017年3月〜の動き

 2017年3月25日のダイヤ変更以後の車両の動きとダイヤに関連した話題を記録していきます。

公園都市線に3000系入線

 2017年8月19日に3000系が公園都市線を走りました。

公園都市線3000系

 公園都市線では通常はワンマン運転対応の3両編成で運行されており,現在は在籍する各系の3両編成が運用されています。(1000系列各形・2000系・6500系)

 しかし,同線も4両編成の入線は可能で,沿線に大規模商業施設がオープンした2000年11月には輸送力増強のため5000系(4両編成)が数日間定期列車の運用に入ったことがあるほか, 毎年夏の企画列車ミステリートレインが公園都市線ウッディタウン中央駅を経由地として6000系(4両編成)が走る年もあります。

 今回は貸切列車として3006Fが鈴蘭台から公園都市線ウッディタウン中央まで往復,復路では途中,道場南口の留置線で撮影会が行われたようです。

 3000系はすべて4両編成のため,公園都市線を走るのは極めて珍しいことです。(おそらく初めて?)

2017/08/20 記

サントリーレディスオープン2017 運転区間延長

 毎年6月に女子ゴルフトーナメント「サントリーレディスオープン」が神戸近郊のゴルフ場で開催されています。 2006年から六甲国際ゴルフ倶楽部を会場としており,期間中は神戸電鉄粟生線木津駅と神戸電鉄有馬線・北神急行谷上駅から送迎バスが運行されています。

 2012年のダイヤ変更で,昼間の粟生線列車の半数が急行となって木津駅に停車する列車が半減してからは,大会期間中は昼間の急行を木津駅に臨時停車させていました。

 2017年のダイヤ変更で,昼間の粟生線列車の半数が西鈴蘭台行・発となり,木津駅を通る列車本数が半減して30分間隔となったため, 大会期間中は西鈴蘭台始終着列車の運転区間を延長して押部谷折り返しとする措置が取られました。

サントリーレディスオープン2017臨時延長押部谷行

 2017年は6月8日(木)から11日(日)まで開催され,5月15日発表の当初計画として, 平日は12時台までの下り6本・上り5本が, 土曜日・日曜日は,昼間の全ての西鈴蘭台始終着列車上下各10本が,臨時延長運転とすることを予告していました。

 しかし,5月29日に宮里藍選手が引退会見を行ったことにより,同トーナメントに参加するのが最後となるため多くの観客が見込まれるためか, 平日も土曜日・日曜日と同数の延長運転に変更されています。 (6月1日変更時刻表発表)

 延長運転により昼間の運用数が1本増となりますが,通常ダイヤで午前の下り西鈴蘭台行(平日2本目・休日1本目)の後は入庫する4連1本がそのまま押部谷折り返しに入り, 前記以外の通常の西鈴蘭台折り返し運用3連2本と合わせて計3本で運用されています。 なお,最後の下り押部谷行の折り返しは回送で鈴蘭台入庫,最後の上り押部谷発は鈴蘭台から回送された編成が充当されていました。 (通常ダイヤで最後の西鈴蘭台発に向けた回送の時刻変更・延長か?)

2017/06/11 記

車両とダイヤの歴史    神戸電鉄    神戸鉄道資料館