作成者別アーカイブ: れいらっく

れいらっく について

ウェブサイト「神戸鉄道資料館」運営管理人です。

【山陽】B-1グランプリin明石ヘッドマーク(2019年)

神戸マラソンの次はB-1グランプリ。山陽電鉄沿線でイベントが続きます。

ご当地グルメでまちおこしの祭典「B-1グランプリ」が山陽電鉄沿線で開催されるのをPRするヘッドマークが,山陽電鉄車両に掲出されます。

2019年11月23日・24日に,ご当地グルメでまちおこしの祭典B-1グランプリが明石で開催されるのをPRするヘッドマークが,山陽電鉄5000系6連の2編成に2019年10月4日から開催当日の11月24日までに掲出されています。

B-1グランプリin明石ヘッドマークを掲出している山陽5630F

【山陽】B-1グランプリin明石ヘッドマークを掲出している5630F

ヘッドマークの記述によると,明石市制施行100周年記念事業とのことで・・・おめでとうございます。

【山陽】神戸マラソンヘッドマーク(2019年)

2011年から毎年11月に開催されている神戸マラソンは,コース途中の須磨~明石海峡大橋付近では山陽電鉄の路線に並行して走ります。

山陽電鉄では2017年の第7回神戸マラソンからナンバーカードスポンサーとして協賛するとともに各種企画を実施しており,その一環として,神戸マラソンのしばらく前から当日まで,PRヘッドマークを一部の編成に掲出しています。

神戸マラソン2019ヘッドマークを掲出している山陽5000系5008F

【山陽】神戸マラソン2019ヘッドマークを掲出している5000系5008F

2019年は11月1日から神戸マラソン当日の11月17日まで,神戸マラソン2019ヘッドマークを5000系6連2編成に掲出しています。

神戸マラソンヘッドマークは,昨年まで5編成に掲出だったんですけど・・・。

【神鉄】三木金物まつりへGO!ヘッドマーク(2019年)

金物の町として発展してきた神戸電鉄沿線の兵庫県三木市内で,毎年11月最初の週末に「三木金物まつり」が開催されます。
開催日には会場近くの神戸電鉄各駅と会場を結ぶ無料バスも運行されます。
神戸電鉄でも開催日のいずれか1日が全線乗り放題となる「三木金物まつり1dayチケット」を発売してきました。

2019年に新たな企画として,会場最寄り駅まで親子向け特別列車「しんちゃん&てつくん電車で三木金物まつりへGO!」が運行されました。車内では親子で楽しめる催しが行われたようです。

2019年の「三木金物まつり」は11月2日・3日に開催,初日の11月2日に親子向け特別列車「しんちゃん&てつくん電車で三木金物まつりへGO!」が記念ヘッドマークを掲出して谷上(10:03発)から恵比須(11:13着)まで,特別列車としては珍しく通常塗色の1100形(1109F3連)により運行されました。

なお,ヘッドマークは10月初めから同編成に掲出されて通常運用に就き,PRに一役買っていました。

しんちゃん&てつくん電車で三木金物まつりへGO!(2019年)ヘッドマークを掲出する神戸電鉄1110F

三木金物まつりへGO!(2019年)ヘッドマークを掲出する神戸電鉄1110F

「しんちゃん&てつくん電車で三木金物まつりへGO!」なのに,珍しく「しんちゃん」ぬいぐるみが乗務していない1100形が抜擢されたのは,何かをほのめかしているのだろうかと考えるのは考えすぎなのでしょうか?

【山陽】秋祭りヘッドマーク(2019年)

今年の山陽電鉄沿線の秋祭りシーズンも終盤。
山陽電鉄の車両に掲出される「山陽沿線秋祭り」のヘッドマークも終了してしまいました。

今年は5000系4編成に掲出されましたが,直通特急主体の6両編成だけでなく,S特急・普通に運用されている4両編成にも掲出されました。

山陽沿線 秋祭り ヘッドマークを掲出している山陽5000F

山陽沿線 秋祭り ヘッドマークを掲出している山陽5000F

さらに,旧標準色ツートンカラー3000系復刻色3030F4連には「秋まつり」ヘッドマークが掲出されました。

「秋まつり 」ヘッドマークを掲出する山陽3000系復刻ツートンカラー3030F4連

「秋まつり 」ヘッドマークを掲出する山陽3000系復刻ツートンカラー3030F4連

このヘッドマークも復刻なのでしょうか。先の「海へ」ヘッドマークは見た記憶もありますし写真もあるのですが,この秋まつりヘッドマークは見た記憶も写真もなくて・・・

【神鉄】トレインフェスティバル2019

神戸電鉄では2019年の鉄道の日関連のイベントとして,トレインフェスティバルが10月20日に鈴蘭台車庫と見津車庫で開催されました。

※ショック! 見津車庫撮影会!

恒例となった,鈴蘭台車庫からのトレフェス特別列車のみで参加することができる見津車庫での撮影会。
4編成が並べられていました。(6004F,6504F,5006F,3008F)

神鉄トレインフェスティバル2019 見津車庫撮影会

神鉄トレインフェスティバル2019 見津車庫撮影会

なんと,今回は1000系列車両の姿がありません。
我々の世代にとって,今でも神戸電鉄といえば1000系列の顔。
その姿が撮影会で見られなくなった時がやってきたとは・・・

鈴蘭台車庫では,復刻塗色1000系列車両メモリアルトレイン2編成が留置線にて展示。
(復刻塗色スプリンググリーン×グレー1152F・復刻塗色オレンジ×グレー1360F・右端の編成は随時入換)

神鉄トレインフェスティバル2019 旧塗色車両展示

神鉄トレインフェスティバル2019 旧塗色車両展示

とくに1360Fのオレンジ×グレー塗色をみるとホッとします。

時代の変化を感じさせられるショッキングな一日でした。

【阪急】えほんトレインジャッキー号(2019年)京都線

2019年7月7日から10月31日までの絵本シリーズ「くまのがっこう」と阪急電車のコラボ企画「えほんトレインジャッキー号」の京都線版もなんとか撮影。

えほんトレイン ジャッキー号京都線(1305×8R)大阪梅田方

えほんトレイン ジャッキー号京都線(1305×8R)大阪梅田方

神戸線のジャッキー号はこちら
宝塚線のジャッキー号はこちら

ジャッキー号は車番の一の位が3編成とも「5」に揃っているのは何か意味があるのでしょうか?

【阪急】えほんトレインジャッキー号(2019年)宝塚線

2019年7月7日から10月31日までの絵本シリーズ「くまのがっこう」と阪急電車のコラボ企画「えほんトレインジャッキー号」の宝塚線版をようやく撮影。

えほんトレイン ジャッキー号宝塚線(1015×8R)宝塚方

えほんトレイン ジャッキー号宝塚線(1015×8R)宝塚方

この編成に乗車もでき,車内中吊りで展開しているオリジナルストーリー「ときのおくりもの」も実見しましたが,乗車時間が短く全部を読みきれなくて残念でした。

神戸線のジャッキー号はこちら

【山陽】ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク

2019年9月20日から11月2日にかけて日本国内各地で開催されるラグビーワールドカップ2019では,山陽電鉄沿線の神戸市でも4試合が行われます。
山陽電鉄では車両にヘッドマーク・ドア横ステッカー・車内宙吊りポスターを掲出してラグビーワールドカップ日本大会神戸開催をPRしています。

ヘッドマーク等の掲出は5000系6連3編成に,ワールドカップが始まる1ヶ月前の8月20日から,神戸での試合がすべて終了後の10月10日頃までの予定。

ヘッドマークは神戸市営地下鉄で掲出されているものと同じく,公式マスコットのレンとジーが編成の西向き先頭車と東向き先頭車では異なる姿で描かれているとともに,ベースカラーは編成ごとに黄・緑・青の3色のいずれかとなっています。

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(青色・東向き)を掲出する山陽電鉄 5000系 5012F 5012号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(青色・東向き)を掲出する山陽 5000系 5012F 5012号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(緑色・東向き)を掲出する山陽電鉄 5000系 5022F 5022号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(緑色・東向き)を掲出する山陽 5000系 5022F 5022号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(緑色・西向き)を掲出する山陽電鉄 5000系 5022F 5611号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(緑色・西向き)を掲出する山陽 5000系 5022F 5611号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(黄色・東向き)を掲出する山陽電鉄 5030系 5632F 5632号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(黄色・東向き)を掲出する山陽 5030系 5632F 5632号

【神戸市交】ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク

2019年9月20日から11月2日にかけて日本国内各地で開催されているラグビーワールドカップ2019では日本チームも好調のようですね。

ラグビーワールドカップ2019は神戸市でも4試合が行われます。
神戸市での試合会場となる神戸市御崎公園球技場は神戸市営地下鉄海岸線御崎公園駅が最寄り駅であるため,アクセスとなる神戸市営地下鉄では車両にヘッドマークを掲出するとともに,神戸開催試合出場チームの写真を使った装飾でPR。

ヘッドマーク掲出と装飾はワールドカップが始まる7ヶ月も前から始まり,海岸線で5000系10編成全てに2019年2月15日から順次,西神・山手線で1000系2編成・2000系3編成・3000系2編成に2月23日から順次行われており,ワールドカップの試合がすべて終了後の11月10日頃に終了の予定。

ヘッドマークには公式マスコットのレンとジーが,編成の西向き先頭車と東向き先頭車では異なる姿で描かれています。また,ベースカラーは編成ごとに黄・緑・青の3色のいずれかとなっています。

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(黄色・西向き)を掲出する 神戸市交通局 5101F 5101号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(黄色・西向き)を掲出する 神戸市交通局 5101F 5101号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(黄色・東向き)を掲出する 神戸市交通局 3128F 3628号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(黄色・東向き)を掲出する 神戸市交通局 3128F 3628号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(青色・東向き)を掲出する 神戸市交通局 2120F 2620号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(青色・東向き)を掲出する 神戸市交通局 2120F 2620号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(緑色・西向き)を掲出する神戸市交通局 1113F 1113号

ラグビーワールドカップ2019ヘッドマーク(緑色・西向き)を掲出する神戸市交通局 1113F 1113号

ヘッドマークの拡大は,神戸鉄道資料館神戸市営地下鉄 ヘッドマーク・装飾列車で・・・

御崎公園球技場で試合が行われた日には,海岸線は在籍10編成のうち最大9編成を使用した特別ダイヤで運行されました。

【阪急】8300系車両誕生30周年記念列車(ヘッドマーク付)

阪急電鉄では8000系とともに8300系も2019年にデビューから30周年を迎えました。

8000系車両誕生30周年記念列車第2弾に合わせて,京都線の8300系第1編成(8300×8R)もデビュー当時に近いスタイルに復元して記念列車として運行しています。

復元したのは神宝線8000系と同様,前面窓下飾り帯,Hマーク,旧社章で,ステッカーにより表現しています。

9月30日まではヘッドマークが掲出されています。
梅田方のヘッドマークは京都線のラインカラー緑をベースにしたもので神宝線8000系とは異なりますが,反対側は同じイメージのデザインとなっています。

○京都線(8300×8R):2019年 5月24日~11月1日

阪急8300系車両誕生30周年ヘッドマーク第2弾を掲出する記念列車8300×8(C#8300側)

阪急8300系車両誕生30周年ヘッドマーク第2弾を掲出する記念列車8300×8R(C#8300側)

阪急8300系車両誕生30周年ヘッドマーク第2弾を掲出する記念列車8300×8(C#8400側)

阪急8300系車両誕生30周年ヘッドマーク第2弾を掲出する記念列車8300×8R(C#8400側)

京都線では本線系の車両も千里線や大阪メトロ堺筋線に入り込んだりして運用が複雑で,捕まえるのに難儀します。