【神鉄】6500系第5編成6510F

今年2019年春の桜は結構長持ちして,神戸電鉄の長田カーブでも2週末に渡って満開状態が続いてくれました。そんな中を増備が続く6500系の2018年度増備車1本目6510Fが来てくれました。

満開の桜の下を行く神戸電鉄6500系6509×3

【神鉄】6500系6509×3 & 桜

残念ながら2018年度増備車2本目6512Fは来ず・・・

新たに営業運用に入る車両があれば,役目を終えて引退する車両もあり,1100形2編成が先週後半に廃車搬出されてしまったようです。
2018年3月末に運用を終了して長らく鈴蘭台車庫に留置されていた1122Fと,つい最近まで走っていた1116F。
1116Fは退色が激しかったのでそう長くはないかと思ってはいましたが,神鉄としては珍しく,運用を外れてから搬出まで随分短かったような感じがしました。
両編成とも連解5連運用対応に改造されたり,他編成の1100形1両を組み込んで4連化されたかと思えばまた3連に戻ったりと,時の流れに翻弄されながらも長い間のご活躍,お疲れ様でした。

【阪急】8000系車両誕生30周年記念列車(ヘッドマークなし)

阪急電鉄の8000系は1989年1月1日に営業運転を開始,2019年にデビューから30周年を迎えました。
これを記念して,2019年1月19日から4月16日まで,第1編成(神戸線8000×8R)をデビュー当時のスタイルに復元した記念列車として運行しています。
復元したのは,前面窓下飾り帯,Hマーク,旧社章で,ステッカーにて表現。

1月19日から2月28日まではヘッドマークも掲出されていましたが,3月1日から4月16日まではヘッドマークが無いデビュー当時に近い姿で運行されました。

阪急8000系車両誕生30周年記念列車ヘッドマークなし8000×8R

阪急8000系車両誕生30周年記念列車ヘッドマークなし8000×8R

前照灯は当初のシールドビームが復元されず,LEDのままであったのが残念・・・

【山陽】さくらとおでかけ山陽電車号(ヘッドマークのみ)

山陽電鉄と人気アニメ「カードキャプターさくらクリアカード編」とがコラボレーションしたスペシャル企画「さくらとおでかけ山陽電車」が2018年8月15日から10月8日まで開催され,その一環として,山陽5000系6連1編成(5008F)の車内・車外が装飾された「さくらとおでかけ山陽電車号」が,主に直通特急で山陽姫路~阪神梅田を2018年10月12日まで走りました。

2019年3月21日から4月9日まで,さくらちゃんの誕生日を記念して期間限定で5016Fにヘッドマークが再掲出されました。

さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5016号車

【山陽】さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5016号車

「さくらとおでかけ山陽電車号」に掲出されていたヘッドマークは前期後期で異なるものでしたが,今回は後期と同じものが掲出されました。

さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5608号車

【山陽】さくらとおでかけ山陽電車号ヘッドマークのみ5608号車

甲子園球場でセンバツ高校野球大会の試合があった日は「センバツ」副標も掲出されていました。

【北神急行】北神弓子&桜ヘッドマーク

北神急行30周年の終わりから31周年の始まりとなる2019年3月15日から4月15日まで, 北神急行7000系全編成の両先頭車に北神急行電鉄公式マスコットキャラクター北神弓子と桜のヘッドマークが掲出されています。

北神弓子&桜ヘッドマークを掲出している北神急行7000系

「北神弓子&桜」ヘッドマークを掲出している北神急行7000系

北神急行電鉄の資産を神戸市に譲渡する形で,遅くとも2020年10月1日までに神戸市営地下鉄西神・山手線と北神急行線が一体的に運行することに合意したと,2019年3月29日に双方トップの記者会見で発表されました。
この北神急行7000系の処遇は如何に・・・?

【阪急】さくらヘッドマーク(2019年)

2019年の桜は,神戸周辺ではこの週末が満開のところが多かったようですね。

阪急電鉄恒例の「さくら」ヘッドマークは,昨年と同じデザインのものが3月16日~4月7日に各本線系車両4編成ずつ計12編成に掲出されました。

さくらヘッドマークを掲出した1011×8R

さくらヘッドマーク(2019年)を掲出した1011×8R

この写真にも,ささやかながら満開の桜が写っているんですが・・・

【阪急】京とれいん 雅洛 7006×6R デビュー

2019年3月23日に阪急電鉄の観光特急車両「京とれいん 雅洛」がデビューしました。
これは2019年1月19日京都線ダイヤ改正で増発された休日ダイヤ日に運転の快速特急「京とれいん」(梅田~河原町)増発に対応するため,7000系7006×6Rを改造したもの。

阪急 京とれいん 雅洛 7006×8R

【阪急】京とれいん 雅洛 7006×8R 直通特急 西宮北口~嵐山

神戸線でも走行可能な7000系を改造したことから,行楽シーズンの神戸線~嵐山の臨時直通列車にも充当されると予想された方も多かったのではないかと思いますが,平日のみではありますが西宮北口~嵐山の直通特急が「京とれいん 雅洛」で運転されています( 2019年春は3月26日から4月4日までの火・水・木曜日)。月曜日と金曜日に運転されないのは正雀車庫~西宮車庫で回送するためのようですね。

【阪急】阪急西宮ガーデンズリニューアル(2019年)

阪急電鉄西宮北口駅の近くにあり,阪急グループ会社が経営する商業施設「阪急西宮ガーデンズ」が開業10周年を機に2019年3月に順次リニューアルオープンします。 これをPRするヘッドマークが,2019年3月1日から神戸線と今津線を走る一部の車両に掲出されています。 (1010×8R・9006×8R・7014×8R・5002×6R・5004×6R)

「阪急西宮ガーデンズリニューアル」ヘッドマークを掲出する阪急1010×8R

「阪急西宮ガーデンズリニューアル」ヘッドマークを掲出する阪急1010×8R

予告があったのかなかったのか分からないが,突然掲出された感のあるヘッドマーク。
この手のヘッドマークのご紹介は,なにか宣伝の片棒を担がされているような感じがしてならない。(笑)

【阪急】阪神競馬場大阪杯(2019年)

阪急電鉄今津線仁川駅を最寄り駅とする阪神競馬場で開催されるレースで2017年からGIレースに昇格した「大阪杯」が,2019年は3月31日に開催されるのをPRするヘッドマークが3月22日から掲出されています。

今年は,今津線専属の6連3編成(5001×6R・5008×6R・5012×6R)と・・・

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する5001×6R

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する5001×6R

神戸本線主体で運用されている8連1編成(7019×8R)・・・

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する7019×8R

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する7019×8R

でした。

【山陽】日本酒のふるさと播磨ヘッドマーク(2019年)

2019年2月16日から山陽電鉄の5014Fと3018Fに,編成前後で異なる2種類の「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマークが掲出されています。このヘッドマークは初登場で,上り方先頭車のヘッドマークには,はりま酒文化ツーリズムのイメージキャラクター「もりりぃ」も描かれています。

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮・梅田側)を掲出する山陽5014号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮・梅田側)を掲出 山陽5014号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出する山陽5607号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出 山陽5607号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮側)を掲出する山陽3018号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(三宮側)を掲出 山陽3018号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出する山陽3609号

「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク(姫路側)を掲出 山陽3609号

2019年3月2日には播磨の日本酒を楽しむ貸切イベント列車が久しぶりに「播磨の新酒列車」として明石~姫路で1往復運行されました。この列車に充当されたのは3018Fではなく,2月末で通常営業運用から引退した3206F3連でした。
3018Fに掲出されていたヘッドマークが2月末頃に外されて,イベント列車「播磨の新酒列車」3206Fに移動したようです。

5014Fには2019年3月16日時点で掲出継続中のようです。