カテゴリー別アーカイブ: 阪急電鉄

【阪急】スヌーピー&フレンズ号(2018年)神戸線

阪急電鉄でスヌーピー&フレンズ号の第2弾が2018年3月24日から走り始めました。

今回も阪急各本線1編成ずつ,各線ごとに,また,梅田方と反対側で異なるデザインのヘッドマークが掲出されています。

まずは神戸線の1011×8Rから・・・

スヌーピー&フレンズ号神戸線1011×8R梅田方

スヌーピー&フレンズ号神戸線(1011×8R)梅田方

神戸方先頭車の車番は阪急では阪急では先代1111・3333・7777に続く4桁ぞろ目。

スヌーピー&フレンズ号神戸線1011×8R神戸方

スヌーピー&フレンズ号神戸線(1011×8R)神戸方

7777号車は中間車,3333号車も運転台付で登場しながら常時中間に封じ込めのうえ現在は運転台撤去されてしまっているので,先頭に出る4桁並びは実質的に先代1111号車以来ですね。

【阪急】2025大阪万博誘致ヘッドマーク(2018年)

2018年春の阪急電鉄ヘッドマークまつりが「2025大阪万博誘致」で突然始まりました(笑)。

2025大阪万博誘致ヘッドマークを掲出する阪急7010×8R

【阪急】2025大阪万博誘致ヘッドマークを掲出する7010×8R

2025年に大阪・関西で国際博覧会(万博)の開催を目指して誘致活動を盛り上げるため,阪急電鉄でも2018年3月5日から11月まで,神戸・宝塚・京都の各線に5本ずつ合計15編成に2025大阪万博誘致「OSAKA-KANSAI/JAPAN EXPO2025」ヘッドマーク・車側ステッカーが掲出されています。

【阪急】阪神競馬場桜花賞ヘッドマーク(2018年)

阪急電鉄の阪神競馬桜花賞ヘッドマーク2018年。
すでに桜花賞レースも電車のヘッドマークも桜も終わってしまってますが,備忘録として・・・

阪神競馬場桜花賞ヘッドマークを掲出して走る5006×6R

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する5006×6R(2018年)

昨年から桜花賞の直前の大阪杯でもヘッドマークが掲出されるようになったために掲出期間が短くなって,2018年は4月2日(月)から8日(日)までの7日間になってしまいましたが,唯一の週末も昼間は走らず,朝夕の臨時列車のみに充当とは・・・(;_;)

【阪急】さくらヘッドマーク(2018年)

今年2018年の桜のシーズンは暖かい好天の日が続き,桜も開花から満開まであっという間で,平年なら凡そ今頃が満開な時季な所でも今年はすでに葉桜というところが多いようです。

2018年の阪急電鉄「さくら」ヘッドマークは久しぶりにデザインが変更されました。

さくらヘッドマークを掲出した7022×8R

さくらヘッドマーク(2018年)を掲出した7022×8R

この春の阪急ではいつものヘッドマークに加えて,いろいろなヘッドマークが掲出されています。
順次,アップしたいと思います。

【阪急】阪神競馬場大阪杯(2018年)

阪急電鉄今津線仁川駅を最寄り駅とする阪神競馬場で開催されるレースで2017年からGIレースに昇格した「大阪杯」が,2018年は4月1日に開催されるのをPRするヘッドマークが3月23日から掲出されていました。

今年は,今津線専属の6連3編成(5004×6R・5012×6R・5102×6R)と・・・

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する5012×6R

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する5012×6R

神戸本線主体で運用されている8連1編成(8008×8R)・・・

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する8008×8R

阪神競馬場「大阪杯」ヘッドマークを掲出する8008×8R

でした。

阪神競馬関連のヘッドマークは,今では年間6レースで掲出されるようになりました。
多くは今津線専属の2編成だけに掲出されるのですが,この大阪杯と宝塚記念だけは今津線だけで3編成に掲出されるだけでなく神戸本線系の8両編成1本にも掲出されるのはどうしてなんでしょう? 競馬には疎いもので・・・

【阪急】阪神競馬場阪急杯(2018年)

2018年も阪神競馬「阪急杯」をPRするヘッドマークが,同競馬場最寄線区の阪急電鉄今津線を走る2編成に掲出されています。2編成とも5000系(5002×6Rと5004×6R)でした。

阪神競馬場「阪急杯」ヘッドマークを掲出する5002×6R

阪神競馬場「阪急杯」ヘッドマークを掲出する5002×6R

阪神競馬シリーズのヘッドマークは,殆どの場合レース開催日の前日と当日には少なくとも1編成は朝から夜まで走っていたのですが,今回は2編成とも日中はお昼寝。競馬臨で出てきたところをなんとかゲット。

【阪急】お正月のヘッドマーク(2018年)

あけましておめでとうございます。
2018年も皆様にとって良い年でありますように・・・

さて,今年も年の初めはこちらから始めさせていただきます。

2018年初詣ヘッドマークを掲出する8001×8R

2018年初詣ヘッドマークを掲出する8001×8R

阪急電鉄恒例の初詣ヘッドマーク。今年の干支,戌(いぬ)がデザインされており,前年末2017年12月26日から本年2018年1月7日頃まで掲出されます。

写真は神戸線の8001×8Rですが,神戸本線としては珍しく前面の車番が貫通扉に残った車両へのヘッドマーク掲出です。(宝塚線・京都線では珍しくありませんが・・・)

西国七福神めぐりのヘッドマークは・・・

阪急沿線西国七福神ヘッドマークを掲出する1010×8R

阪急沿線西国七福神ヘッドマークを掲出する1010×8R

前年と同じデザインで,前年末2017年12月26日から本年2018年1月31日までの予定です。

今年2018年10月で神戸鉄道資料館は開設から20周年となります。
これからも引き続き,神戸を中心にいろいろな鉄道の様子を体系的に記録していきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

【阪急】阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ ヘッドマーク(2017年)

阪神競馬場で12月に行われるGIレースの二つめ,朝日杯フューチュリティステークスをPRするヘッドマークが,2017年は12月11日からレース当日の12月17日まで,阪急電鉄今津線の5000系6連2編成に掲出されました。

阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークスヘッドマークを掲出している5002F

阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークスヘッドマーク(2017年)を掲出している5002×4R

掲出されたのが週初めの月曜日からレース当日の日曜日までのちょうど1週間。
一般サラリーマンにとってはなかなか厳しい日程・・・最終日に何とか晴れてくれて良かった良かった~

【阪急】阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ ヘッドマーク(2017年)

阪神競馬場で12月に行われる二つのGIレースをPRするヘッドマークが,2016年から掲出されるようになりました。

初年の2016年は, 今津(北)線を走る6連2編成の宝塚方に阪神ジュベナイルフィリーズ,西宮北口方に朝日杯フューチュリティステークスと,編成ごとに2種類のヘッドマーク掲出されていましたが, 2017年はレースごとに掲出期間を分け,編成の前後では同じヘッドマークとなりました。(と書いておきながら,競馬については全く分からず,この名前も全然覚えられん・・・)

その一つの阪神ジュベナイルフィリーズが開催されるのをPRするヘッドマークが,12月1日からレース当日12月10日まで掲出されています。

阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマークを掲出している5004F

阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマーク(2017年)を掲出している5004×4R

しかし今津線も5000系が主流となりましたね。
この日の昼間の4運用すべて5000系でした。

【阪急】特急日生エクスプレス運行20周年ヘッドマーク

阪急宝塚線梅田と能勢電鉄日生中央とを直通する特急日生エクスプレスが, 1997年に運行開始して2017年11月17日で20周年となるのを記念するヘッドマークが掲出されています。

掲出されたのは・・・

阪急所属1009×8R・・・

特急日生エクスプレス運行開始20周年記念ヘッドマークを掲出する1009×8R(1009側)

阪急~能勢電 特急日生エクスプレス運行開始20周年記念ヘッドマーク(梅田方)

阪急所属8006×8R・・・

特急日生エクスプレス運行開始20周年記念ヘッドマークを掲出する8006×8R(8106側)

阪急~能勢電 特急日生エクスプレス運行開始20周年記念ヘッドマーク(宝塚方)

そして,能勢電鉄所属(かつて阪急所属)6002×8Rでしたが,6002Fは撮影できませんでした。

阪急所属車は2017年10月1日から11月30日まで, 能勢電鉄6002×8Rに2017年10月1日から検査入場のため11月5日までの掲出でした。

梅田方と宝塚方では同じデザインながら色が異なりますが,3編成ともそれぞれ同じヘッドマークとなっています。

能勢電鉄では他の車両にも特急日生エクスプレス運行開始20周年記念のヘッドマークが掲出されたようですね。