カテゴリー別アーカイブ: JR

【津軽海峡鉄景色】~22~特急白鳥~1

特急 白鳥 と言えば,関西から北陸地方の方にとっては,大阪と青森との間を十数時間かけて走った白鳥 ・・・

ボンネット485系特急白鳥

485系特急「白鳥」(大阪~青森)

を思い浮かべる方も多いのでは・・・私も2回,青森から大阪まで乗り通しました。

しかし,2001年3月に運転区間が分割されて一旦愛称が消滅した後,2002年12月東北新幹線八戸延伸時に八戸~青森~函館を結ぶ新たな特急として愛称 白鳥は再出発していました。

津軽海峡をバックに江差線を行く485系3000番代 白鳥

津軽海峡をバックに江差線を行く485系3000番代 白鳥

2010年12月に東北新幹線が新青森まで延伸すると,運転区間が新青森~青森~函館に変更されています。
使用車両は大阪~青森の白鳥と同じく485系ですが,リニューアルされたJR東日本の3000番代。ここまで姿形が変わると同じ485系とは思えません。

函館山を望む津軽海峡沿いを行く485系3000番代 白鳥

函館山を望む津軽海峡沿いを行く485系3000番代 白鳥

その2代目白鳥も北海道新幹線の開業により運行終了,同時に全国で唯一残っていた485系の定期運行も終えたのでした・・・

【津軽海峡鉄景色】~21~江差線~2

早朝に夜行列車を迎えた場所で,函館方面に振り返ると・・・

函館山を望む津軽海峡沿いを行くEH500 2次タイプ牽引貨物列車

函館山を望む津軽海峡沿いを行くEH500 2次タイプ牽引貨物列車

天気がよければ函館山をバックに広がる津軽海峡の海を望むことができます。

津軽海峡の傍を走るED79重連貨物列車も・・・

津軽海峡をバックに江差線を行くED79重連貨物列車

津軽海峡をバックに江差線を行くED79重連貨物列車

EH500金太郎が牽く貨物列車も・・・・

函館山を望む津軽海峡沿いを行くEH500 3次タイプ牽引貨物列車

函館山を望む津軽海峡沿いを行くEH500 3次タイプ牽引貨物列車

北海道新幹線開業により,過去のものとなってしまいました。

【津軽海峡鉄景色】~20~江差線~1

いよいよ江差線に入ります。

はるばる大阪や上野から走り続けてきた夜行列車で夜を明かし,長いトンネルを抜け,ゆっくりと津軽海峡沿いを走る列車に乗っていると,いよいよ北海道に入ってきたことを感じたものです。

かつては,ここを,

カシオペア

ED79に牽引されて江差線を行くカシオペア

ED79に牽引されて江差線を行くカシオペア

トワイライトエクスプレス

ED79に牽引されて江差線を行くトワイライトエクスプレス

ED79に牽引されて江差線を行くトワイライトエクスプレス

北斗星

ED79に牽引されて江差線を行く北斗星

ED79に牽引されて江差線を行く北斗星

の順に,赤いED79に牽かれて行きました。

【津軽海峡鉄景色】~19~木古内~4

ここは海峡線の新在分岐部から木古内駅側に在来線下りを少し走ってきたところ。先日ご覧いただいた分岐部の向こう側です。

海峡線から分岐した在来線を走るEH500牽引貨物列車

海峡線から分岐した在来線を木古内へ向かうEH500牽引貨物列車

2013年6月の時点では既に新幹線の高架橋はできており,その下をくぐってきたところ。
この部分,今はEH800が牽く列車しか走らなくなってしまいました。

【津軽海峡鉄景色】~18~木古内~3

JR貨物に所属するED79は1989年に新製された50番代のみで,最終的には重連3往復の運用が残っていました。

新幹線規格の海峡線を行くJR貨物ED79重連貨物列車

新幹線規格の海峡線を行くJR貨物ED79重連貨物列車

軌道敷地内での写真のように見えますが,トンネル入り口横のフェンスで仕切られた外側から撮影しています・・・

北海道新幹線対応のため,EH800が新製されると順次置き換えられ,2015年6月の時点では既にED79が貨物を牽引している姿は見られませんでした。

なお,青函トンネルを通過する貨物列車は,当初はすべてJR北海道所属のED79 0番代および100番代が重連で牽引していました。
このED79 0番代・100番代はED75 700番代から改造されたものでした。
その後,EH500が東北本線から津軽海峡線に直通牽引するようになり,2006年3月にJR北海道車による貨物列車定期運用がなくなっています。

【津軽海峡鉄景色】~17~木古内~2

ここは北海道新幹線と在来線との分岐点の近くにある短いトンネルの知内側。
霧の中,ED79に牽かれてJR東日本キヤ193系East-iがやってきました。
北海道内各線の検測のためのようです。

ED79牽引で海峡線を行くキヤ193系East-i

JR北海道ED79牽引で海峡線を行くJR東日本キヤ193系East-i

実は,よく晴れていた知内駅でカシオペア・トワイライト・北斗星を撮影した後にやってきた場所。
知内ではよく晴れていたのに,ほんの少し海沿いに出ると霧の中でした・・・

【津軽海峡鉄景色】~16~木古内~1

木古内駅の南西にある,北海道新幹線と在来線の北海道側分岐点の2013年6月の様子・・・

建設中の新幹線・在来線分岐点を行く789系スーパー白鳥

建設中の新幹線・在来線分岐点を行く789系スーパー白鳥

木古内駅方面への新幹線の高架ができつつありました。

向こうの方に津軽海峡の海もほんの少し・・・

撮影した地点付近には,現在,新幹線ビュースポットなる展望台ができているようですが,分岐ポイントはスノーシェルターで覆われてしまっているようです。

【津軽海峡鉄景色】~15~知内~2

知内駅を通っていた列車・・・貨物列車・・・

新幹線開業後も貨物列車は津軽海峡線を走りますが,架線電圧が交流20,000Vから新幹線の25,000Vとなったため,牽引機は津軽海峡線専用のEH800のみとなってしまいました。

新幹線関連工事が始まっていた知内駅で撮影できたのはEH500でも2両しかない1次タイプの2号機。
木古内方のホーム端から・・・

海峡線を行くEH500牽引貨物列車

海峡線を行くEH500牽引貨物列車(2013年6月)

失敗したのは知内駅自身の写真を撮り忘れてしまったこと・・・

【津軽海峡鉄景色】~14~知内~1

2016年3月26日,新青森から新函館北斗まで北海道新幹線が開業しました。

これまで在来線が走り,今回新たに新幹線が走るようになった区間には,見学専用の竜飛海底駅と吉岡海底駅とともに地上区間で一般旅客扱いする駅がふたつありました。
ひとつは本州に,先にご紹介した津軽今別駅。
もうひとつは北海道に知内駅。
いずれも駅前に道の駅があるほかは周囲にはこれといったものがないという共通点がありましたが,新幹線の開業では明暗が分かれました。

津軽今別は新幹線の駅「奥津軽いまべつ」となりましたが,知内は旅客扱いが2014年3月に廃止され,信号場(湯の里知内信号場)となってしまいました。

そんな知内駅を通っていた列車たち・・・夜行列車から・・・

初夏の夜明け頃,まずはカシオペア・・・

海峡線を行くED79牽引カシオペア

海峡線を行くED79牽引カシオペア

続いて,トワイライトエクスプレス・・・

海峡線を行くED79牽引トワイライトエクスプレス

海峡線を行くED79牽引トワイライトエクスプレス

間をおいて,北斗星・・・

海峡線を行くED79牽引北斗星

海峡線を行くED79牽引北斗星

ところで,北海道新幹線は,年間の需要予測150万人,予想収支48億円の赤字(減価償却費等を除いても11億円の赤字)という巨大赤字路線。神戸近郊では年間の輸送人員600万人,収支10億円の赤字の路線の存廃が議論されている中での新線建設。疑問に思うのは私だけ?

【津軽海峡鉄景色】~13~青函隧道~1

2016年3月21日まで青函トンネルを駆け抜けてきた列車たち・・・

JR東日本485系「白鳥」

青函トンネルを抜けてきたJR東日本485系白鳥

青函トンネルを抜けてきたJR東日本485系「白鳥」

JR北海道789系「スーパー白鳥」

青函トンネルを抜けてきたJR北海道789系スーパー白鳥

青函トンネルを抜けてきたJR北海道789系「スーパー白鳥」

JR貨物EH500形牽引貨物列車

青函トンネルを抜けてきたEH500牽引貨物列車

青函トンネルを抜けてきたEH500牽引貨物列車

もうここ青函トンネル出入り口でその姿を見ることはできません・・・