タグ別アーカイブ:

桜と鉄道

【阪急】さくらヘッドマーク(2017年)

2017年春の阪急電鉄「さくら」ヘッドマークも前年と同じものでした。
3年連続同じヘッドマークを同じ場所で撮ったものというのもアレなので,今回は京都線で・・・

さくらヘッドマークを掲出した9304×8R

さくらヘッドマーク(2017年)を掲出した9304×8R

今春の桜は例年よりも遅いようで,「さくら」ヘッドマーク期間中に桜が満開になるかどうか,微妙なところでしょうか。この週末は天気も悪そうだし・・・

【阪急】阪神競馬場桜花賞ヘッドマーク(2016年)

こちらも事後報告になってしまいますが,記録として・・・

阪急電鉄今津線沿線にある阪神競馬場で重賞(GI)レースのひとつ桜花賞が2015年4月10日に開催されるのをPRするヘッドマークが,4月2日からレース当日の4月10日まで,今津線を走る2編成(3152×6R・3078×6R)に掲出されました。

阪神競馬場桜花賞ヘッドマークを掲出して走る3152×6R

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する3152×6R(2016年)

阪神競馬場の重賞レースヘッドマークも恒例のものとなりましたね。

【阪急】さくらヘッドマーク(2016年)

事後報告になってしまいましたが・・・2016年の阪急電鉄「さくら」ヘッドマークは昨年と同じものでした。

さくらヘッドマークを掲出して御影~岡本Sカーブを行く5000系

さくらヘッドマーク(2016年)を掲出して御影~岡本Sカーブを行く5006×8R

これまた今更ですが・・・昨年のさくらシーズンの御影~岡本のSカーブ線路北側は工事真っ最中でしたが,工事はすっかり終わっていて戸建て住宅地に落ち着いています。

【北神急行】2016年春のヘッドマーク

北神急行電鉄では,観光シーズンに「有馬へ」シリーズの落ち着いた雰囲気のヘッドマークを掲出してきました。

2016年春は(事後報告になりますが・・・)コンテストで選ばれた,北神急行のオリジナルキャラクター北神弓子と桜をあしらったヘッドマークが谷上寄り先頭車(7150側)に3月16日から4月15日まで掲出されました。

コンテスト作品「桜」ヘッドマークを掲出する北神急行7000系

コンテスト作品「桜」ヘッドマークを掲出する北神急行7000系(谷上寄り先頭車7150側)

「有馬へ」シリーズとはまた違った雰囲気のヘッドマーク。

西神中央寄り先頭車(7050側)には,3月26日から8月31日まで開催されている「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」をPRするヘッドマーク。

関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリーヘッドマークを掲出する北神急行7000系

関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリーヘッドマークを掲出する北神急行7000系(西神中央寄り先頭車7050側)

スタンプラリーはまだ継続中なので,こちら側のヘッドマークはまだ掲出し続けるのかと思ったりしましたが,桜ヘッドマークと同時に外されてしまいました。

最近は北神弓子が活躍してますね~

【阪急】さくらの阪急電車リラックマ号(2016年)

昨夏に続いてさくらシーズンにも「リラックマ×阪急電車」コラボヘッドマークが掲出されました。

  • 神戸線
    リラックマ号神戸線1008×8R梅田方

    リラックマ号神戸線梅田方(1008×8R)

    リラックマ号神戸線1008×8R神戸方

    リラックマ号神戸線神戸方(1008×8R)

  • 宝塚線
    リラックマ号宝塚線1006×8R梅田方

    リラックマ号宝塚線梅田方(1006×8R)

    リラックマ号宝塚線1006×8R宝塚方

    リラックマ号宝塚線宝塚方(1006×8R)

  • 京都線
    リラックマ号京都線1300×8R京都方

    リラックマ号京都線京都方(1300×8R)

    リラックマ号京都線1300×8R京都方

    リラックマ号京都線京都方(1300×8R)

3線分のそれぞれ両先頭車のヘッドマークを何とか確保・・・

【神鉄】1000系列編成替え(1352F・1310F)

神戸近郊の桜も終盤を迎えつつありますが,二郎駅の傍の桜の木は最後の踏ん張りを見せてくれました。
今日の神鉄三田線沿線は午後遅めになってようやく晴れ間が見られるようになり,そんな中を新たな編成の列車が走っていきます。

最後の頑張りを見せる桜の傍を行く1000系列

最後の頑張りを見せる桜の傍を行く1000系列

その編成は・・・

全車3扉となった1361ほか4連

全車3扉となった1361×4

←新開地
1352-1351-1362-1361(全車3扉)

3月ごろまでは
1352-1351-1372-1371(全車3扉)
1310-1309-1362-1361(2扉+3扉)
でした。
これで1350形はすべて同形だけで組成された4連に統一されたことになります。

さて,相方を奪われた車両の行方は・・・
鈴蘭台車庫の塗装庫から1371号車が顔を見せていましたので,1372-1371が塗装庫の中にいると思われます。
2扉車1310-1309の行方は確認できず・・・
さて,これらの車両たちはどうなるのでしょうか?

なお,1116Fから外された1125号車は「休車」と書かれた紙が剥がされて前と同じく鈴蘭台車庫の隅に留置されていました。

いろいろな編成パターンがあった4両編成も,先頃までに全車2扉の1100形だけによる4連2種が無くなり,今回,1300形+1350形と1350形+1370形の2種が一気に無くなってしまいました。

【阪急】阪神競馬場桜花賞ヘッドマーク(2015年)

阪急今津線沿線にある阪神競馬場で重賞(GI)レースのひとつ桜花賞が2015年4月12日に開催されるのをPRするヘッドマークが, 4月3日から4月12日まで,今津線を走る2編成(3152×6R・7003×6R)に掲出されています。

桜満開の中を阪神競馬場桜花賞ヘッドマークを掲出して走る7003×6R

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する7003×6R(2015年)

撮影した日の週間天気予報は曇り~雨でしたが,いい方向に外れてくれて,好天の中で満開の桜の横を桜花賞ヘッドマーク付の列車が走る姿を捉えることができました。

桜花賞と言えば,2002年から2007年の毎年3月からレース当日まで,神戸線の7000系8連1編成に桜花賞をPRするラッピングされていました。

【阪急】さくらヘッドマーク(2015年)

2015年の「さくら」ヘッドマークも昨年に引き続いてデザインが変更され,3月21日から掲出されています。今回は神戸・宝塚・京都の各線区ごとに4編成ずつと,さらに少なくなりました。

この日はまだ桜の花とさくらヘッドマークとを絡めて撮るのは難しそうということもあったので,年末に行ったときに何やら工事が進んでいた御影~岡本Sカーブへ,今回も様子見を兼ねて向かいます。

さくらヘッドマークを掲出して御影~岡本Sカーブを行く9000系

さくらヘッドマーク(2015年)を掲出して御影~岡本Sカーブを行く9000×8R

線路北側ではさらに工事が本格的になりつつある雰囲気,この画像には写っていませんがコンクリートの基礎というか土台ができていました。さて,これからどうなるのやら,次の偵察は7月の祇園祭・天神祭ヘッドマークの時かな。

【阪急】直通特急「あたご」・・・御影~岡本Sカーブ

もみじAUTUMN2014ヘッドマーク付1002×8Rのしばらく後にやって来た臨時直通特急「あたご」嵐山行は7017×6R。
今年になって6連化された7001Fや7003Fがこの臨時列車に充当されることはないんですかね。
直通特急や嵐山の字幕に対応してないのかな?

直通特急「あたご」嵐山行(御影~岡本Sカーブ)

直通特急「あたご」嵐山行(御影~岡本Sカーブ)

さて,前回ここに来たのは7月の祇園祭ヘッドマークの時でした。

2014年7月の御影~岡本Sカーブを行く祇園祭ヘッドマーク付9004×8R

2014年7月の御影~岡本Sカーブを行く祇園祭ヘッドマーク付9004×8R

これらの写真では目立たないのですが,ちょっと周りの様子が変わっています。
先頭車前面窓あたりの向かって右側に白い家が見えますが,その1階部分手前に,祇園祭の時には低い建物があったのですが今回はなくなっており,その敷地も綺麗に整地されていました。
これからどうなるのか気になりますね。

ここも春には線路沿いに桜の花が開いていた時代がありました。

桜満開の御影~岡本Sカーブを行くマルーン1色時代の7020×8R(2001年4月)

桜満開の御影~岡本Sカーブを行くマルーン1色時代の7020×8R(2001年4月)

【神鉄】2014年春の粟生線(1)

 ここ数年,GWは北へ南へ遠出をしていましたが,2014年は近場で春らしさを求めて神鉄粟生線沿線をうろうろしていました。

 4月下旬の粟生線沿線といえばレンゲ。そのレンゲの状況を確認しに行く途中で見つけたのがこの桜。桜の時季はもう終わったとばかり思い込んでいたのでちょっとビックリしました。無理やりですが,なんとか神鉄の列車と絡めてみました。

遅咲きの桜の向こうを行く1100形

2014年春の粟生線~遅咲きの桜の向こうを1100形が行く

 こちらは同じ公園内の少し離れたところにあった一本桜。

遅咲きの桜の向こうを行く1100形

2014年春の粟生線~遅咲きの桜の向こうを1100形が行く